駒澤大学

  • 3,001人が検討中

診療放射線技術科学科

東京

医療画像と放射線治療のプロフェッショナルを目指します

募集人数 60
初年度納入金 175.75 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

駒澤大学 医療健康科学部 診療放射線技術科学科の特長

豊富な専門・教養科目を学修し、効率良く国家試験合格を目指す

診療放射線科学領域を中心にした専門知識・技術を学び、教養科目を幅広く履修することにより、医療人の基礎能力を身につけます。また、3年次までには国家試験出題科目をすべて履修し終えるため、4年次になると卒業研究と国家試験対策に集中することができます

60人の少人数制で診療機器の技術を習得

学生の志向にしたがい、2コースに分けたカリキュラムを用意。体内状況と画像情報との関係を把握した上で、どのように人体から診断、治療に適した情報を取り出すかを学ぶ「診療技術科学コース」。信号の保管や伝送などのネットワーク技術に適した情報の取り扱い方を学ぶ「画像技術科学コース」が用意されています

次のような研究課題や卒論テーマに取り組んでいます

「デジタルマンモグラフィのダイナミックレンジ測定に関する検討」「乳房撮影におけるAlフィルタの効果」「18F-FDG PET/CTを用いた低放射能濃度におけるNECRの測定」「3Dプリンターを用いて造形した胃疾患モデルの再現性に関する検討」「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に効果的なホウ素内封リポソームの開発」

国公立病院や大学病院、検診機関やクリニックなど幅広い活躍の場

卒業生の多くは国公立病院、大学病院などの比較的大規模な医療施設に就職します。また、適性に応じて健診機関やクリニックなどを選ぶ道もあります。大学院進学者も毎年10名程度います。臨床経験を積んだ後、放射線・医療機器関連の企業に転職する例もあります

国家資格である診療放射線技師の受験資格を取得

診療放射線技師は、病院などの医療機関で、放射線に関する技術部門の一切を受け持つ専門職。例えば、電離放射線を用いた診療・治療が行われるとき、医師の専門外である放射線装置の操作・人体への照射などを実施。本学科の卒業生は、この国家試験の受験資格が取得できます

高度な実習を支える、最新鋭の機器たち

本学科には、基礎的な実験から実際に医療現場で使われている装置まで、多くの実験科目が置かれています。本学の実験室は大変充実しており、最新鋭のX線撮影装置、CRシステムはもちろんのこと、マルチスライスCT、MRIなど先進の機器が揃っています。学生一人ひとりがそれらの装置や機器に触れながら学ぶことが可能です

駒澤大学 医療健康科学部 診療放射線技術科学科の入試情報

駒澤大学 医療健康科学部 診療放射線技術科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院、学校法人東海大学 東海大学医学部付属病院、学校法人東邦大学 東邦大学医療センター 佐倉病院、学校法人獨協学園 獨協医科大学埼玉医療センター、東芝 東芝病院、公益財団法人日産厚生会 玉川病院、公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属病院、国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院、地方独立行政法人 神奈川県立病院機構

駒澤大学 医療健康科学部 診療放射線技術科学科の問合せ先

駒澤大学 医療健康科学部 診療放射線技術科学科お問い合わせはこちらへ

〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL 03-3418-9048

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。