成蹊大学

  • 1,473人が検討中

理工学部

東京

多様化する情報化社会にも貢献できる広い視野を持った「科学的人材」に

募集人数:400

学科・コース名 募集人数
物質生命理工学科 125
情報科学科 150
システムデザイン学科 125

成蹊大学 理工学部の特長

学部の概要

科学技術をもって新たな知識社会の進展に貢献できる人材を育成します。科学技術の基礎となる理学系科目の強化を図り、基礎学力が身につくように配慮。実験・実習科目と、インターンシップなどのキャリア教育科目も充実しています。3年次後期からは少人数の研究室に所属し、早い段階から卒業研究に専念できる環境を整えています。

物質生命理工学科

物理・化学・生物を3本柱に、基礎力を向上させ、知識基盤を固め、専門分野へと進むカリキュラムとなっています。基礎と専門の架け橋となる理工学計算などの科目や、熱力学、量子力学、無機化学、有機化学、分子生物学、化学工学などの科目を通じて理工学全般への理解を深めます。選択科目では、将来目指す「物質・ナノサイエンス」「化学・ライフサイエンス」「環境・エネルギー」の3分野で必要となる科目を選択できます。

情報科学科

2年次からコースに分かれ、ダイナミックに変化する情報技術に対応できるスペシャリストを目指します。
◆コンピュータ科学コース:「システムソフトウェア・ネットワーク」「メディア技術」の2分野から構成され、今以上の発展につなげる技術を身につけます。
◆データ数理コース:「データサイエンス」「オペレーションズ・リサーチ」「アルゴリズム」の3分野から構成され、基礎理論から応用まで堅固な技術を身につけます。

システムデザイン学科

3年次進級時にシステムデザイン学科を構成する「機械システム」「エレクトロニクス」「ロボティクス」「経営システム」の各コースから2コースを選び、それぞれのコースで指定された科目を中心に学びます。複数のコースを勉強することで視野を広げ、対応力のある考え方を身につけることができます。また、プログラミングやCADの科目では技術者として必要なコンピュータの知識や設計製図の基礎を修得できます。

研究室紹介・物質生命理工学科・細胞分子デバイス研究室

【バイオテクノロジーによる医療貢献】 病気の発症や進行には細胞中の遺伝子やタンパク質の変化が関与しています。研究室では未知の遺伝子やタンパク質の新しい機能の発見に取り組み、病気の発生原因の解明や効率的な治療薬、再生医療への応用を目指します。

理工学の基礎

科学の基礎となる数学、物理、化学、生物の講義科目と理学基礎実験を重視。専門分野を研究するための基礎をつくります。

3年次後期からの少人数研究室

各自の興味・関心に合った分野の「研究室」に3年次の後期から所属。各研究室に1学年 10名前後の学生が所属するため、きめ細かな指導を受けながら研究することができます。

成蹊大学 理工学部の問合せ先

成蹊大学 理工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 成蹊大学アドミッションセンター
0422-37-3533

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。