情報学科

大阪

即戦力と発想力を併せ持ち、IT業界をはじめ、高度情報化社会で活躍できる人をめざす。

募集人数 100
初年度納入金 107.27 万円(入学金を含む)+〔1単位8000円×履修単位数〕(単位制授業料制度)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪学院大学 情報学部 情報学科の特長

先進のマルチメディア環境のもと、高度な情報活用能力を習得

充実したマルチメディア環境のもとで情報活用能力を習得し、システムエンジニアやプログラマ、コンテンツクリエイター、情報科教員など、将来の活躍に備えて専門的に学びます。

情報学の基礎や基礎的なプログラムを身につける「基幹クラスタ」

1年から2年前期までは、全員が基幹クラスタで情報学の基礎を学びます。コンピュータサイエンスやコンテンツテクノロジーを学ぶための基礎となるプログラミング、コンピュータシステム概論、情報システムなど幅広く学びます。

興味・関心、将来の目標に合わせて学べる「展開クラスタ」

2年前期からは、5つの展開クラスタの中から、身につけたい能力、めざす職業、興味や関心に応じて、「主専攻クラスタ」と「副専攻クラスタ」を選び、それらを中心に情報学のより高度な内容を学んでいきます。

学産連携でスマートフォンのアプリケーション開発やIT開発現場を体験

モバイルベンチャー企業の交流団体であるMCTP(モバイル・コンテンツ・テクニカル・パートナーシップ)および(株)NTTドコモと提携し、スマートフォンのアプリケーション開発をテーマに、産業界の第一線で活躍中の専門家による講義・演習や、提携企業でのインターンシップを実施し、実践的な人材を育成します。

少人数制のゼミナールと合同研究室できめ細やかな指導が受けられる

きめ細やかなコンピュータの実習を行うために、1・2年次では定員を約10名、3・4年次ではより少人数の5~6名を定員とします。学生自らがテーマを設定し、研究・論文を作成。また研究分野の近い教員が1~2名ごとに合同研究室を設ける理系学部の形式なので、指導教員の合同研究室で直接、指導を仰ぐことができます。

学びは専門的でも、将来の活躍の場は幅広い!

IT企業のシステムエンジニアやプログラマ・ネットワークエンジニアなど情報システム開発・ネットワーク設計・管理の職種はもちろん、広告や出版・家電や自動車などのメーカーの技術職や、一般企業の事務系総合職としても専門性が生かせます。また「情報」の高校教員やインストラクター・大学院への進学も可能です。

大阪学院大学 情報学部 情報学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)ソフトウェア・サービス、四国銀行(株)、アンドール(株)、(株)両備システムズ、日本情報産業(株)、サービス&セキュリティ(株)、(株)たけでん、ホシザキ阪神(株)、堺市役所、尼崎市役所

大阪学院大学 情報学部 情報学科の問合せ先

大阪学院大学 情報学部 情報学科お問い合わせはこちらへ

〒564-8511 大阪府吹田市岸部南二丁目36番1号
06-6381-8434(代表)
Eメール:adoffice@ogu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。