歯学科

神奈川

診療参加型の臨床実習を重視する充実のカリキュラム。知識だけでなく、経験も効果的に身につける!

募集人数 115
初年度納入金 515 万円(入学金60万円・授業料350万円・施設維持費80万円・歯学教育充実費25万円 ※諸費除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

鶴見大学 歯学部 歯学科の特長

「大覚圓成 報恩行持」感謝のこころ育んでいのち輝く人となるを理念に、最新の歯科技術を学ぶ

現代の医療環境では、インフォームド・コンセントなど医師の倫理観が問われます。鶴見大学では、母体である曹洞宗の禅の思想をベースに「恵愛敦くして以って医の心と為す」を学部建学の精神としています。このような理念のもと、最新技術と医学の心をじっくりと学びます。

6年間で歯科医学の基礎を積み上げ、実習で技術を磨く

1年次は情報リテラシーや医師としての倫理観、1年次後期から「基礎歯科医学」を習得。4年次までに歯科医師としての知識や技術を「歯科臨床科目」を学び、5年次からは全国の歯学部の中でも本学の大きな特徴である、診療参加型の臨床実習に参加。そして国家試験合格を目指した「総合歯科医学」で6年間の成果をまとめます。

歯科医療人としての幅広い教養と豊かな人間性を身につけるために必要な知識・態度・技能を学ぶ

「歯科医師の基本的な資質」では、歯科医療人としての幅広い教養と豊かな人間性を身につけるために必要な知識・態度・技能と、コミュニケーションを中心として学びます。また、1年次より附属病院で患者さんに接することにより早期の体験学習を取り入れています。

3・4年次での臨床基礎実習と5年次から始まる附属病院での臨床実習

臨床実習の充実ぶりは内外から高い評価を得ています。特に5年次からは模型上での臨床基礎実習に続き、附属病院に配属された「総合歯科1」で直接患者さんの診療にあたり1年間の診療参加型の実習を行います。また、口腔外科など様々な診療の現場を見学しながら、専門技術や知識を深めていきます。

さらなる診療技術の習得を目指し、臨床研修歯科医として病院で研修

歯学部創立40年以上の伝統を誇り、卒業生は各地の大学病院や歯科医院でめざましく活躍しています。2006年4月からの臨床研修必修化に伴い、臨床研修歯科医として数多くの卒業生が歯科医療の現場で、さらなる向上を目指しています。

最新の設備が整う附属病院やハイテクリサーチセンター、先制医療研究センター

1998年に文部科学省の事業の一環としてハイテクリサーチセンターを設立。CTスキャナー、MRI、光造形システム、多次元顎運動計測システムなどの装置・設備が整備され、最先端の研究を行っています。歯学部附属病院では、地域の臨床医と密着した「開放型病院」として、超高齢化社会を意識した歯科治療に取り組んでいます。

鶴見大学 歯学部 歯学科の入試情報

鶴見大学 歯学部 歯学科の問合せ先

鶴見大学 歯学部 歯学科お問い合わせはこちらへ

〒230-8501 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
TEL 045-580-8219(入試センター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。