文化財学科

神奈川

これからの観光立国時代に向けて、文化財を知り、守り伝えることのできる人々を育成します。

募集人数 60
初年度納入金 148 万円(入学金36万円・授業料71万円・実験実習費6万円・施設維持費35万円 ※諸費除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

鶴見大学 文学部 文化財学科の特長

文献史学や考古学、美術史を通じて文化財を深く知り、守り伝える

古文書や典籍(書物)などの文献資料や、地中に埋蔵されてきた考古資料、仏像を中心とする彫刻・絵画などの美術・工芸作品など、文化財は様々です。歴史や人々の生活の中で伝えられた文化財を知るとともに、後世へ残すために伝統的な保存方法と科学的な保存方法を学び、研究します。

1年次から実践的な実習がスタート

文化財学科では専門知識や実践的に扱う方法を身につけるため、1年次から実習科目があります。教材用の土器の接合や遺跡発掘、古文書の補修、電子顕微鏡や赤外線を用いた分析・保存法など、体験中心の実習科目が豊富です。知識を深める専門選択科目は30科目を用意しています。

ヨーロッパや東南アジアなど海外での巡検もあり!

どの科目も実体験主義で具体的。4年次の実習は国外コース、国内コース、自主コースの選択ができ、国外コースを履修すれば、海外での巡検ができます。これまでの事例として、カンボジアのアンコール遺跡群、インド石窟寺院、始皇帝兵馬俑、イタリア美術巡検などがありました。

学芸員や公務員、教職を目指すほか、一般企業を希望する学生も多数

学芸員や教職の資格を取得できるカリキュラムが用意されており、将来の進路として目指す学生も多くいます。就職先の業種も卸・小売業、サービス業、情報通信業と幅広く、様々な業界で卒業生が活躍しています。寺院事務、美術品輸送など文化財学科ならではの仕事に就いたOBもいます。

博物館学芸員の資格が容易に取得

中学校教諭1種免許状(社会)〈国〉と高等学校教諭1種免許状(地理歴史)〈国〉の教員免許や、司書〈国〉、司書教諭〈国〉の資格取得が可能。また、文化財保護の職務に必要な学芸員〈国〉の資格は、容易に取得することができます。そのために取得しやすいカリキュラムが組まれています。

解析用のハイテク機器などが揃うほか、発掘の実習場も整う

専門ごとに専用実習室があり、電子顕微鏡、赤外線・X線検査装置など分析機器の使用方法や、薬品・樹脂を用いた文化財の保存方法を学べます。また、遺跡発掘の実習では、実物大の竪穴住居址が埋まっている専用実習場で、発掘、測量、写真撮影などが体験できます。

鶴見大学 文学部 文化財学科の入試情報

鶴見大学 文学部 文化財学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:大東銀行、吉運堂、貴和製作所、しまむら、ヨドバシカメラ、岩瀬歯科商会

鶴見大学 文学部 文化財学科の問合せ先

鶴見大学 文学部 文化財学科お問い合わせはこちらへ

〒230-8501 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
TEL 045-580-8219(入試センター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。