薬学科

徳島

充実した研究機器での実験・実習・研究を通して、薬剤師として必要な知識や技術を身につける

募集人数 150
初年度納入金 227 万円(入学金含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

徳島文理大学 薬学部 薬学科の特長

健康に関わる幅広い領域の知識を学び、現代医療に対応できる優秀な薬剤師としての能力を養成

講義や実習を通して、化学や物理学、生物学だけでなく医療や環境など人間の健康に密接に関連した、幅広い領域の知識を身につけていきます。医師や看護師らとともに医療を担い、医薬品の専門家として現代医療に対応できる優れた薬剤師として社会に貢献できる人材を養成します。学内外の著名な学者を招いての講義もあります。

基礎力を高める手厚い教育サポートと質の高い薬剤師を養成するため、早期からの研究活動が充実

専門性の深い学術に対応できるよう、入学時から3年次まではレベルに応じてクラス分けを行い、基礎力をアップ。特に薬学を学ぶのに必要な生物・化学・物理を高校で学んでいない場合は、重点的に身につけます。また1年次から、興味をもった研究室で実験や研究が可能。3年次後期から研究室に配属され、研究や調査を行います。

実務実習費は大学が負担!実習サポート施設もあり、実習支援体制が充実!

1年次から早期体験学習があり、5年次の病院・薬局などで行う実務実習(5カ月)が実習費無料で行えるなど、充実した実習体制を整備。さらに徳島赤十字病院隣接地に、実習や研修を円滑にサポートするための施設もあります。実習前後の指導などに利用できる学習室を配置し、病院との共同研究にも活用されています。

薬の専門家として病院、薬局、企業、公官庁で活躍。卒業生のネットワークが就職をサポート

優れた知識・技術・人間性を備えた薬の専門家として、約8000人の卒業生たちが病院や薬局、製薬会社などの企業、公官庁で活躍しています。また、卒業生と在学生、教職員を結ぶ同窓会「薬友会」があり、国家試験対策や就職支援、「卒後教育講座」の実施など様々なサポート活動を行っています。

最新の設備で研究活動をサポート。そのレベルは全国有数!

設備の充実度は全国でも有数レベルです。数多くのNMRや、放射線や遺伝子を扱う特別施設をはじめとする設備の数々は最新の研究に役立つものばかりで、これらの研究施設を学生自らが使って高度な研究を行うことができ、この恵まれた研究環境は本学の大きな特長となっています。

充実した奨学金制度で6年制薬学教育における経済的負担を軽減

薬学部では在学6年間の費用が合計349万4800円になる「特待生制度」・地域限定型の「地域貢献特待生制度」があり、いずれかに選抜されると国公立大学とほぼ同額の入学金・学費となります。また「地域医療支援奨学金制度」もあり、経済的負担軽減に加え、地方の薬剤師不足の解消に繋がる独自の奨学金制度です。

徳島文理大学 薬学部 薬学科の入試情報

徳島文理大学 薬学部 薬学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:徳島県立三好病院、高知県立幡多けんみん病院、新宮市立医療センター、国立大学法人徳島大学病院、独立行政法人国立病院機構 近畿グループ、高知県総務部人事課、サンコーファーマシー、日本調剤、クオール、イトーヨーカ堂、四国メディカルサポート

徳島文理大学 薬学部 薬学科の問合せ先

徳島文理大学 薬学部 薬学科お問い合わせはこちらへ

〒770-8514 徳島市山城町西浜傍示180
徳島文理大学入試広報部 TEL:0120-60-2455(受験相談フリーダイヤル)
gogo@tks.bunri-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。