社会学部

奈良

心理学・社会学を中心に、身近な社会を探究。現代社会で役立つ力を身につけた人材に。


学科・コース名 募集人数
心理学科 90
総合社会学科 90

奈良大学 社会学部の特長

心理学科

現代社会には、雇用や経済情勢への不安、職場や学校でのストレスなどの問題がたくさんあります。一方、「不安」を感じず「安心」していればよいというものでもないようです。このような状況の中、「臨床心理学コース」では、現代の高ストレス社会に対応したカウンセリング・マインドを育てるためのカリキュラムを用意し、どうすれば“こころ”の不調を軽減できるのか、どのように回復までのケアを提供したらよいのかを考えます。また、「社会心理学コース」では、社会関係の中に埋め込まれた“こころ”に注目し、調査や実験といった実証的な手法を使って“こころ”の働きにアプローチします。

総合社会学科

複雑な現代社会を理解するために必要な社会学、政治学、経済学、経営学、情報学をバランスよく学び、社会に対する深い洞察力を鍛えます。さらに、企業、行政、NPO等と連携した「社会体験実習」などを通じて社会の現場を経験し、知識を社会に応用する実践力を磨きます。これらの理論的な学びをより実践的な学びに結びつけるため、「経済経営コース」「文化情報コース」の2つのコースを設けて、やりたいことやなりたいものにアプローチをして、実際の経験として自分のものにしていき、将来につなげます。

臨床心理学基礎実習

臨床心理学における主要なデータ収集方法である、心理検査法、面接法、観察法に関する実習を行い、臨床心理学の研究方法を学びます。

社会心理学基礎実習

心理学実験で学んだ実験・調査の方法を応用して、実際にパソコンを用いた統計解析の実習や、社会心理学の研究方法を学びます。

心理演習

カウンセリングの理論を講義で聞くだけでなく、模擬カウンセリングを経験したり、ロールプレイを体験することで、カウンセラーの役割についてより深い理解をめざします。

社会調査法

社会調査はどのように実施されるのか。問題設定から仮説の構築、情報収集、予備調査の実施、調査票の作成、データ化と分析、調査報告の作成まで、一貫したプロセスを学びます。

社会体験実習

大学の中での活動だけが、大学生にとっての学びではありません。企業やNPO、ボランティア組織など大学の外での活動を通して、社会の現実に触れることが授業の目的です。

社会調査実習

いろいろ学んだ社会調査の理論と方法を用いて、学生自身が実際に社会調査を企画・実施し、さらに報告書を刊行して、その成果を社会に還元することをめざします。

奈良大学 社会学部の問合せ先

奈良大学 社会学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒631-8502 奈良県奈良市山陵町1500
0742-41-9502

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。