白百合女子大学

  • 122人が検討中

フランス語フランス文学科

東京

フランス語習得はもちろん、文学や芸術から映画やファッションなど、フランスの文化も幅広く学べます

募集人数 80
初年度納入金 146 万円(その他諸費用あり)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

白百合女子大学 文学部 フランス語フランス文学科の特長

一人ひとりの習熟度に合わせた少人数教育

フランス語科目は未習者と既習者、それぞれ1クラス20人以下の少人数で授業を行います。ネイティヴ教員はもとより、学科研究室にはフランス人TAもいて、一人ひとりの習熟度に合わせた細やかな指導を実施。3年次までに540時間の授業を受けることで確かなスキルが身に付きます。

演習でアカデミック・スキルと論理的に伝える力を養う

1年次から演習形式の授業がスタートし、調査、研究の方法や発表の仕方など、大学でも学びの基本(アカデミック・スキル)を身に付けます。また地理を知り、歴史をひもといて、フランスの文化と人々の生活の豊かさに触れます。発表する機会を多く設けることで、自身の研究を他者に分かりやすく伝える力も養います。

フランス語の運用能力を高める【フランス語特別強化】プログラム

将来、フランス語に関わる職業や研究を目指す人向けに、フランス語の能力を伸ばすプログラムです。高度な言語運用能力の習得に加え、ことばと文化の関係を考察するゼミでは、フランスには存在しない日本のことばが、フランスではどのような意味のことばで表現されるのかなど、ことば自体にも着目して分析します。

現代社会を広く理解する【フランス文学社会文化】プログラム

フランス文学、社会問題や政治をはじめ、サブカルチャーまで、現代文化の理解を深めます。サブカルチャーを扱うゼミでは、フランスのマンガやアニメなどのサブカルチャーから、フランス人の想像力がどう変化したのかを解釈しながら、現代フランスの精神史を学びます。

文化の教養を深める【フランス歴史芸術文化】プログラム

旅行・観光・文化事業分野を目指す人向けに、歴史・美術・バレエ・映画などの教養を深めます。文学作品の映画化について考察するゼミでは、『レ・ミゼラブル』や『オペラ座の怪人』など、映画化されている文学を扱い、映画をことばから映像への翻訳と捉えて作品を分析します。

衣・食・住を中心に学ぶ【フランス生活文化】プログラム

フランス料理やファッション、日本とフランスの文化の比較など、私たちに身近な「衣・食・住」を中心に学びます。19世紀の衣食住を学ぶゼミでは、文学作品をはじめ、ネルヴァルやボードレールの詩、新聞・雑誌、絵画やオペラなどから19世紀の日常生活を読み取り、理解を深めます。

白百合女子大学 文学部 フランス語フランス文学科の入試情報

白百合女子大学 文学部 フランス語フランス文学科の問合せ先

白百合女子大学 文学部 フランス語フランス文学科お問い合わせはこちらへ

〒182-8525  東京都調布市緑ケ丘1-25
TEL:03-3326-8092(入試広報課)
E-MAIL:nyuko@shirayuri.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。