八戸工業大学

  • 40人が検討中

建築・土木工学コース
2022年4月設置予定(構想中)

青森

「安全で快適な住まい・街づくり」を計画・実現していくための土木建築系技術者を育てます

募集人数 60
初年度納入金 154.3 万円(入学金、施設設備費、実験・演習実習費、委託会費を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

八戸工業大学 工学部 工学科 建築・土木工学コース の特長

創造力+問題解決力+実行力+倫理観=それが建設技術者の人間力

土木建築工学とは安全で快適な生活に必要な建築物・土木構造物を構築し、保全するための方法を探求する学問です。土木・建築工学に係る技術と知識、幅広い教養と倫理観、コミュニケーション能力を有し、人間性豊かな総合判断力と応用展開能力などを身につけた建築士・技術者の養成を目指すカリキュラム編成をしています。

建築専門科目を中心に学ぶ「建築学プログラム」

建築分野における高度な専門知識を身につけ、地域社会に貢献できる技術者を育成します。新しい構想・提案が必要とされる建築設計事務所・建設系企業・起業などを目指すコースです。

土木専門科目を中心に学ぶ「土木工学プログラム(JABEE認定)」

JABEEに対応しているプログラムです。施設や構造物の計画・設計・施工・維持管理など、持続可能な社会基盤の創出など、土木専門科目を中心としたカリキュラムを編成しています。

土木建築工学科×八戸市中心街地のまちづくり

学生が八戸市中心街における課題解決に向けた実践的な取り組みを行う授業を開講しています。各班に分かれてテーマを設定し、浮かび上がった課題についての解決策の提案づくりを実施。ファシリテータとして市内建設コンサルタントよりベテラン技術者の方々に担っていただくなど、地域と連携した取り組みを進めています。

世界初調査。迫井裕樹准教授が3500メートル級深海でのコンクリ劣化試験を実施

海洋研究開発機構らと深海で劣化しにくいコンクリートの共同研究に取り組んでいます。試験場所は駿河湾・南海トラフ北端の水深約3500メートルの海底。円柱形のコンクリート36本を6本ずつ1つのプラスチックのかごに入れ、海底の台座の上に設置しました。1年毎にかご1つを引き揚げて強度や化学組成の変化などを調べます。

家の設計からコンクリート作りまでできる幅広い設備が整っています

体験型の学習の機会の充実を図るため、設計室、CADルームなどがあり、学科フロアでは無線LANが利用できる充実した環境となっています。また地震のメカニズム、コンクリートや橋などを研究する専用の実験棟には大型設備も整っています。

八戸工業大学 工学部 工学科 建築・土木工学コースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:鉄建建設(株)、仙建工業(株)、大和ハウス工業(株)、岸本建設(株)、岩田地崎建設(株)、建装工業(株)、(株)オオイ工務店、(株)東北基礎調査、(株)大山建工、川田工業(株)、(株)熊谷組、JR東日本ビルテック(株)、(株)竹中土木、東日本旅客鉄道(株)、(株)アーネストワン、(株)田中組、阿部建設(株)

八戸工業大学 工学部 工学科 建築・土木工学コースの問合せ先

八戸工業大学 工学部 工学科 建築・土木工学コースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒031-8501 青森県八戸市妙字大開88-1
フリーダイヤル 0120-850-276(入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。