薬学科

北海道

医療系総合大学で、チーム医療を学び、社会的ニーズに対応した多彩な分野で活躍できる薬剤師に。

募集人数 160
初年度納入金 190 万円(初年度の入学金30万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

北海道医療大学 薬学部 薬学科の特長

遺伝子治療など先端医療科目やコミュニケーション重視の授業も充実。

6年制一貫教育の中で「遺伝子工学」「分子生物薬剤学」などの先端医療をはじめ、地域や在宅医療、災害時医療支援など多彩なフィールドでの活動に対応した科目があり、薬剤師としての高い専門性と、豊かな人間性を育成します。

1年次から薬剤師の現場を体験。4年次後期から始まる長期実務実習では、チーム医療を実践。

入学後の早い時期に病院、薬局、福祉施設を訪問し、実際の薬剤師の役割を学びます。4年次後期から5年次前期に行う長期実務実習では一連の業務に加え、患者さんとのコミュニケーションも経験。チーム医療のなかでの役割を学びます。また、実習前には現場を再現した実習室で事前トレーニングを繰り返し行い、自信をつけます。

2019年の薬剤師国家試験は道内私大で第1位となる90.6%の合格率。全卒業生の免許取得率は97%。

2019年の第104回薬剤師国家試験では、90.6%(受験者138名、合格者125名)の新卒合格率を達成。また、2019年3月現在、薬学部の全卒業生5907名のうち97.0%が薬剤師免許を取得しています。

薬剤師の現場を再現した実習室と、体系的な実習を実現する附属医療機関。

調剤室、無菌製剤室、注射管理室、服薬指導の練習ブースなど、薬剤師の現場をリアルに再現した各実習室を設置。効果の高い実務トレーニングを行っています。また、本学は附属医療機関のある数少ない薬科系大学のひとつ。病棟や薬剤部との連携で、体系的な薬学教育を行う実習環境が整っています。

6学部9学科が揃う医療系総合大学で、チーム医療を学ぶ。

本学は、3500名以上の学生がともにチーム医療を学んでいます。保健・医療・福祉の専門職を養成する6学部9学科の医療系総合大学ならではの、学部・学科を越えたスケールの大きいキャンパスライフ。およそ50ものクラブ・サークルはもちろん、球技大会などのイベントやボランティア活動でも交流が盛んです。

「薬学部特待奨学生」S特待では、学納金が国立大学と同水準に。本学独自の奨学金制度が充実。

2018年度は在学生の42.7%(1408名)が奨学金制度を利用し、独自の制度も充実。「薬学部特待奨学生」のS特待は卒業までの学納金が国立大学と同水準、A特待は授業料が半額となります。「夢つなぎ入試制度」では入学金の全額と初年度授業料の半額を免除。一定条件を満たせば次年度以降も授業料の半額が継続して免除されます。

北海道医療大学 薬学部 薬学科の入試情報

北海道医療大学 薬学部 薬学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:北海道厚生農業協同組合連合会、JCHO 北海道病院、札幌東徳洲会病院、手稲渓仁会病院、北海道大学病院、北海道勤労者医療協会、旭川赤十字病院、苫小牧市立病院、共愛会病院、北見赤十字病院、埼玉医科大学病院、アインホールディングス、ツルハホールディングス、ナカジマ薬局、メディカルシステムネットワークグループ、日本調剤、スギ薬局、ココカラファイン、マツモトキヨシホールディングス、モロオ、エーザイ、アステラス製薬

北海道医療大学 薬学部 薬学科の問合せ先

北海道医療大学 薬学部 薬学科お問い合わせはこちらへ

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
北海道医療大学 入試広報課 TEL:0120-068-222
nyushi@hoku-iryo-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。