日本医療科学大学

  • 132人が検討中

看護学科

埼玉

知識・理論と倫理観に裏付けられた技術教育を重視、チーム医療の一員として協調・協働できる看護師を育成します

募集人数 80
初年度納入金 185.6 万円(入学金:30万円/授業料:80万円/その他諸経費:75万6000円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本医療科学大学 保健医療学部 看護学科の特長

人間性豊かで確かな看護実践能力を備えた、コミュニケーション能力の高い看護師を育成

人間性豊かで、確かな看護実践能力を備えた人材を育てるため、知識・理論と倫理観に裏付けられた技術教育を重視しています。医療系大学の特色を生かした「チーム医療演習I」は他学科との合同履修。他の医療職への理解を深め、チーム医療の一員として協調・協働できるコミュニケーション能力の高い看護師を育成します。

「医療職を目指す他学科の学生との関わりから刺激をもらっています。教員のサポートが熱い!」

「『チーム医療演習』は他学科の学生とチームを組み課題に取り組みます。看護師や他職種の役割への理解を深めたり、他職種との関わり方を学べるだけでなく、学生同士のつながりもできて刺激をもらっています。看護学科は学生一人ひとりにアドバイザーがつき、日頃の悩みから進路相談まで気軽に話せて心強いです」(2年生)

豊かな人間性や高い倫理観を育むための基礎教育や臨地実習を重視し、系統的・段階的に学びます

一般教養を基盤とした豊かな人間性、幅広い視野、高い倫理観を基礎とし、科学的思考力や問題解決能力を身につけ、人間を身体・心理・社会的に統合された存在として理解していきます。国家試験合格のための十分で無駄のない科目が系統的・段階的に配され、臨地実習を1年次より段階的に配し、確かな実践力を身につけます。

「生命の危機と向き合う現場で、患者さんを救えることが看護の醍醐味です」

「私は現在、救命救急センターで働いています。授業で急性期の看護を学んだ際、生命の危機にある最重症の患者さんを救い、回復の過程を歩む手助けを行う救命の現場に興味を持ちこの道を選びました。厳しい現場であっても、チームが一丸となって患者さんの生命を救えたときが看護の醍醐味を感じられる瞬間です」(2016年卒)

最新の設備が揃う実習室、快適さを重視した食堂や図書館など、質の高い学修環境を確保

実習室には、病棟などで利用されるベッドや洗髪台、フィジカルアセスメント人形、インファントウォーマー、検診・分娩台など、実践力を養える設備が整っています。その他、オープンテラス付き食堂や、医療関連の専門書が充実している図書館に加え、2017年には体育館と学生会館も完成しました。

生命と真摯に向き合う看護師を育てます

看護学科は人の生命・尊厳を守り、いかなる状況にあっても、その人らしく生きられるように援助できる看護師を育てたいと考えています。知識や技術はもちろん、学生自身が人間としても成長し、高い倫理観をもった看護師になれるよう、きめ細かくサポートできる体制を整えています。

日本医療科学大学 保健医療学部 看護学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:一関市(保健師)、山形済生病院、星総合病院、宇都宮記念病院、高崎総合医療センター、TMGあさか医療センター、埼玉県立がんセンター、獨協医科大学埼玉医療センター、自治医科大学附属さいたま医療センター、埼玉石心会病院、戸田中央総合病院、飯能市(保健師)、東松山市(保健師)、国立病院機構埼玉病院、松戸市立総合医療センター、日本大学医学部附属板橋病院、東京医科大学病院、国立がん研究センター中央病院、東海大学医学部付属八王子病院、東京都立小児総合医療センター、日本医科大学付属病院、武蔵野赤十字病院、横浜市立市民病院、JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院、国立病院機構まつもと医療センター

日本医療科学大学 保健医療学部 看護学科の問合せ先

日本医療科学大学 保健医療学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒350-0435 埼玉県入間郡毛呂山町下川原1276
TEL 049-230-5003(広報課)
nyushi@nims.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。