[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2020年8月時点)

情報通信工学科

岡山

応用力と創造力で、情報通信の無限の可能性をひらく技術者・研究者に

募集人数 50
初年度納入金 80.18~89.58 万円(入学金/岡山県内出身者:18万8000円、岡山県外出身者:28万2000円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科の特長

情報工学、通信工学、電子工学の分野を横断的に学修

インターネットや無線通信などの情報通信技術(ICT)の進展により、現代は急速に高度情報化社会へと変貌しつつあります。その技術を支えているのが情報・通信・電子工学の学問領域です。本学科はそれらを基盤として、ソフトウエア技術とハードウエア技術の両方を学び、利用者の視点に立った技術者の育成を目指しています。

ソフトウエア技術、情報通信技術(ICT)、電子機器の開発を視野にいれたカリキュラム

1・2年次においては、プログラミングの基礎や演習、計算機の仕組み等と、それに伴う数学(線形代数、解析学)、および電気回路、電子回路、人工知能の学修をします、3年次においてはさらに高度な通信方式、電磁波工学、画像工学などを実験と共に学びます。4年次においては研究室に配属され、卒業研究に励みます。

情報工学、通信工学、電子工学の研究分野を9研究室でカバー

情報工学分野では数理情報メディア工学、人工知能学、情報基盤学を、通信工学分野では通信伝送工学、波動情報工学、通信システム工学を、電子工学分野では集積回路工学、光電子工学、応用物理学をそれぞれ研究テーマとしています。

プログラマー、システムエンジニア、通信システム関係、半導体関係の就職が多数

卒業生の約半数が本学大学院博士前期課程システム工学専攻に進学し、さらに高度な研究に従事します(18名※)。就職先はソフトウエア技術者を含む情報・通信業に約4割(20名※)、製造業が約3割で(9名※)、公務員も若干名おります(2名※)。※すべて2019年3月卒業生実績

岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科の入試情報

入試一覧

岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:両備システムズ、ベネッセインフォシェル、キヤノンITソリューションズ、NTTデータMSE、岡山情報処理センター、パナソニックインフォメーションシステムズ、岡山村田製作所、シャープ、セイコーエプソン、三菱電機エンジニアリング、ローム・ワコー

岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科の問合せ先

岡山県立大学 情報工学部 情報通信工学科お問い合わせはこちらへ

〒719-1197 岡山県総社市窪木111
TEL:0866-94-9163(直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。