杏林大学

  • 1,202人が検討中

企業経営学科

東京

商学や経営学を基礎としながら、より広い視野にたつ経営のエキスパートを育てる

募集人数 80
初年度納入金 120.33 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

杏林大学 総合政策学部 企業経営学科 のコース

学科・コース名 募集人数
経営コース
会計コース

杏林大学 総合政策学部 企業経営学科の特長

社会における企業の役割を考え、経営・会計という立場から社会を担う力を養う

ビジネスの視点から社会の諸問題を理解し、解決するための知恵と考察力を身につけます。1年次では総合政策学科を含めたすべてのコースを知ることができるため、ビジネスに必要な社会・国際情勢との関わりについても包括的に学べます。2年次では経営・会計の2つのコースから選択し、専門を深めます。

【コース紹介】経営コース

企業活動を総合的・体系的に学び、マネジメントの基礎からIT、投資などの幅広い知識を養います。特長としてヒット商品の秘密を探ったり、ビジネスプランを立案したりするアクティブな学びがあります。また、さまざまな実業家を講師に招き、グローバルビジネスの現場とそこで役立つ生きた情報を学びます。

【コース紹介】会計コース

会計・税務の最新知識と実務スキルを養い、即戦力として貢献できる人材や、会計の視点から企業経営を見渡せる人材を育成します。教員の的確な指導のもと、経理や会計の基礎と言える「簿記」を修得し、難関資格と言われる会計士や税理士の資格取得を目指すこともできます。

多角的な視点で学ぶ「クロスオーバー」が面白い!

「経済×経営」、「国際×法律」など複数の分野を学ぶことで、多角的な視点を身につけ、社会の本質を捉える力が育まれます。例えば、「キャッシュレス化で広がるビジネスの可能性や今後の課題は?」といった具体的な社会的テーマを取り上げ、経済・経営・国際の視点から洞察していきます。

専門分野とビジネススキルを英語で学ぶ「GCP」を通し、真のグローバル人材を育成

「GCP」(グローバル・キャリア・プログラム)は、経済・経営・国際関係・福祉といった専門分野と、論理的思考やプレゼン技術などのビジネススキルをすべて英語で学びます。英語教育の枠を大きく超え、実際の社会でグローバルに活躍できる人材の育成を目的としたプログラムです。留学も積極的に推奨しています。

杏林大学 総合政策学部 企業経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:警視庁、東京消防庁、相模原消防庁、墨田区役所、世田谷区役所、常陽銀行、水戸証券、多摩信用金庫、湘南信用金庫、城南信用金庫、長野信用金庫、NTTコミュニケーションズ、日本郵便、横河ソリューションサービス、田渕海運、高松建設、大塚商会、東芝テック、明和地所、日本放送協会共済会、日産オートモーティブテクノロジー、三協立山、みずほ不動産販売、三菱不動産リアルティ、ミクロ情報サービス、ANAスカイビルサービス

杏林大学 総合政策学部 企業経営学科の問合せ先

杏林大学 総合政策学部 企業経営学科お問い合わせはこちらへ

〒181-8612 東京都三鷹市下連雀5-4-1 杏林大学入学センター
TEL:0422-47-0077
E-mail:nyushi@ks.kyorin-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。