人文学科
2021年4月設置予定(構想中)

京都

世界と向きあうために、京都で文学・歴史・社会・日本文化を研究する。

募集人数 160
初年度納入金 133.6 万円(※上記金額には、入学金20万円を含みます。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都精華大学 国際文化学部 人文学科の特長

国際化社会に向けて、日本の文学・歴史・社会・文化を研究する

国際化が進む社会で、いろいろな国籍や文化をもつ人と共に生きるためには、自分の育った社会や文化についても深く理解しておく必要があります。人文学科では、学部共通科目で世界の文化や社会について学び、そのうえで、日本の文学・歴史・社会・文化を研究します。グローバルとローカル、双方の視点をもつ人材を育てます。

伝統にも新しさにも触れられる「京都」を拠点に学ぶ

京都は数多くの文学の舞台となり、日本の歴史がつまった街。また伝統、観光、大学の街など多様な側面をもっています。伝統と新しさが同居する京都の利点を生かした実践的な学びを、豊富に用意しています。

1年次は4専攻の基礎を幅広く学習。2年次から専攻を選ぶ

【文学専攻】日本の文学を幅広く研究し、人間について考察します。
【歴史専攻】史料を読み解き、物事の多角的なとらえ方、人類史のあり方を学びます。
【社会専攻】社会を多様な側面からとらえ、社会学を歴史的背景とともに学びます。
【日本文化専攻】伝統文化から大衆文化まで広く学び、日本社会の変遷と今後を考察します。

文学・歴史・社会・日本文化を多彩な角度から学ぶ授業

『文学概論』日本文学の諸作品に触れながら、文学作品の分析方法を学びます。
『京都の歴史』文献・史料をもとに京都を歩きながら、京都の通史を学びます。
『社会調査法』インタビュー調査やデータ分析など、社会調査の基本を学びます。
『日本芸能史』日本のさまざまな芸能を、上演の見学などを交えつつ考察します。

キャンパスを飛び出して、“現場”で学ぶ「フィールド・プログラム」

3年次では、キャンパスを離れて研究する現地調査(フィールドワーク)を実施します。研究テーマと滞在先は、自分の興味関心に従って自由に選択します。現場でしか得ることのできない学びと経験を積むことができます。

人文学の研究活動を支える充実した施設と設備

学内には20万冊を超える蔵書を備えた「情報館」があり、調査や研究に打ち込む学生たちを支えています。学外には、博物館「京都国際マンガミュージアム」や、ギャラリー&ショップ「kara-S」などを設け、幅広い表現や文化に触れる機会を用意しています。

京都精華大学 国際文化学部 人文学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:伝統産業に携わる企業(地域産業、伝統産業)、日本の文化を広く伝える企業(イベント企画、旅行・観光)、出版・広告・マスコミ業界、教育関連(中学校・高校教員)、NGO・NPO・ソーシャルビジネス関連企業、研究者

京都精華大学 国際文化学部 人文学科の問合せ先

京都精華大学 国際文化学部 人文学科お問い合わせはこちらへ

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
TEL:075-702-5197(広報グループ)
shingaku@kyoto-seika.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。