薬学科

愛知

人と薬の“いま”により添える、強く、優しい女性薬剤師に

募集人数 150
初年度納入金 221.73 万円(入学金20万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

金城学院大学 薬学部 薬学科の特長

薬に強く、人に優しい。実践力ある薬剤師を育てる

医療薬学を中心に、ホスピスケア、栄養、アロマ、サプリメントなど、幅広い領域について学びます。チーム医療の一員として、患者さんの治療に積極的に参加できる、高度な専門性とコミュニケーション能力を備えた、命を支える薬剤師を養成します。

<ファンケル提携>サプリメントプログラム

サプリメントや化粧品について、ファンケルの社員から体系的に学ぶプログラム。「ファンケル銀座スクエア」と「ファンケル総合研究所」を見学し、サプリメント開発の研究者や販売の最前線の方々からお話を聞くこともできます。女性に関心の高いテーマについて一歩踏み込んだ講義を行えるのも、女子大だからこそ。

上級生が下級生を温かく見守る、金城オリジナルの「屋根瓦方式」を採用

問題解決型の授業では、適切なタイミングで効果的なアドバイスを送って励ます、チューター役が成功の鍵となります。本学科では、屋根瓦方式により、上級生が下級生をサポート。自らの学びを振り返るとともに、指導法を学ぶ機会にもなっています。

めざすのは、人と薬のスペシャリスト!

5年次に、東海地区各地の病院・薬局で、合計22週間にわたる実務実習を体験。実務実習の費用(55万円)は大学が負担します。また、本学ではさらに、薬剤師の職場(病院・薬局・製薬会社など)を見学する機会も数多く用意しています。

薬剤師国家試験に全員合格するための、充実サポート

6年間を通じて国家試験対策を展開。1・2年次には国家試験に向けられた必須科目を受講し、日々の授業で基礎を固めます。3・4年次は医療薬学系科目を中心とする授業を通じ、4年次の共用試験に備えます。6年次には国家試験対策講義や模擬試験を実施。親身に学生一人ひとりに接し、学生の夢の実現をサポートします。

キャンパス内に薬用植物園!充実した実験・実習設備が整う学習環境です

名古屋市内にありながら、緑が豊かなキャンパスを持つ金城学院大学。そんな恵まれた環境を生かし、学内に薬用植物園を設けています。自分たちが育てた植物を使って実験・研究するという経験はとても貴重。さらに薬学部が学ぶ校舎には、模擬薬局や模擬病棟、調剤室、高性能蛍光顕微鏡などの実習施設・設備が整っています。

金城学院大学 薬学部 薬学科の入試情報

金城学院大学 薬学部 薬学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:名古屋大学医学部附属病院、愛知医科大学病院、 国立病院機構 東海北陸グループ、刈谷豊田総合病院、春日井市民病院、岡崎市民病院、愛知県職員(薬剤師)、名古屋市職員(薬学)、株式会社スギヤマ薬品、武田薬品工業株式会社

金城学院大学 薬学部 薬学科の問合せ先

金城学院大学 薬学部 薬学科お問い合わせはこちらへ

〒463-8521 名古屋市守山区大森2-1723
TEL:0120-331791(金城学院大学 入試広報部 フリーダイヤル)
nyushi@kinjo-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。