文学部

東京

人間を見つめ、知性を磨き、教養を深める「人文知」の学びで 幅広い見識と知恵を育む

募集人数:740

初年度納入金:140.02~140.2 万円(学科によって異なります)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
英米文学科 300
フランス文学科 115
日本文学科 120
史学科 120
比較芸術学科 85

青山学院大学 文学部の特長

英米文学科

1・2年次は英語スキル獲得のため独自のIEプログラムを受講。3・4年次では英語圏の文学・文化、英語学、コミュニケーション、英語教育学などの6つの専門コースから学び、実践的な英語力の習得をめざします。

フランス文学科

フランス語に加え、文学や文化からフランスのエスプリを学び、人間性豊かな人材を育成。2年次からは、「文学」「語学」「文化」の3つの分野から各専門を探究していきます。

日本文学科

文学だけでなく日本語学や日本語教育なども網羅したカリキュラムをバランスよく配置。3年次からは「日本文学」「日本語・日本語教育」コースより選択し、専門的に学びます。

史学科

1年次に世界諸地域の歴史全般について全概要を学び、史学の基礎と学び方を身につけます。その上で、2年次からは「日本史」「東洋史」「西洋史」「考古学」の4コースから1つを選択し、研究を深めていきます。

比較芸術学科

「美術」「音楽」「演劇映像」の芸術領域を総合的に学び、「古典重視・鑑賞教育・比較学習」の3側面からアプローチを図ります。

専門性や目的で選べる2つのプログラム[英米文学科]

1. PESE(Program for Extensive Studies in English)
複数のコースの専門科目を幅広く学びたい、語学や専門科目を英語で学びたいという要望や、国際舞台で専門職をめざしたい、外国の大学院に留学して勉学を深めたいなどの目的に応えます。このプログラムに登録するには、一定の学力要件を満たす必要があります。
2. 通訳・翻訳プログラム
グローバル化が進むにつれ、ますます需要が高まる通訳・翻訳は、語学力や技術だけでなく幅広い知識が求められます。概論系など他の関連科目と組み合わせて体系的に履修することで、社会に出てから通訳や翻訳の仕事に携わる際の基礎力をつけることをめざします。

「フランス文学特講I・II/フランス語学特講I・II/フランス文化特講I・II」[フランス文学科]

2年次から4年次までの学生が同時に受講し、授業は第一線で活躍する学内外の講師陣が担当します。各時代の文学・思想、意味論や統辞論、美術や映画、モードの歴史などについて最先端の学術成果を学びます。

「日本語学特講I・II」[日本文学科]

日本語とデータサイエンスの研究をします。近年非常に必要性が高まっているデータサイエンスは、コンピュータを用いて、大量のデータを分析することで、従来にない結果を見出し、AIの基礎となります。本授業を通してデータサイエンスとAIの基礎を学ぶことができます。

「考古学実習I・II」[史学科]

考古学は発掘されたモノから人々の歴史を復原する学問です。実習では、発掘調査や遺物の整理作業を通して、学問の基礎を実践的に学びます。2015年度からは、秋田県横手市教育委員会と連携し、後三年合戦の遺跡とされる金沢城後で発掘調査を行っています。

「比較芸術学入門B」[比較芸術学科]

古典芸術の見方、聴き方、感じ方を学ぶ授業です。美術・音楽・演劇映像の専任教員がオムニバス形式で担当し、課外授業や特別講演会も設けます。2020年度はオンラインにて、比較芸術学科1期生である歌舞伎俳優の中村児太郎丈に歌舞伎の魅力についてお話しいただき、舞台にかける熱い思いと前を向く力を参加者全員で分かち合いました。

ゼミナール

3年次以降は、少人数制ゼミナール(演習)を核とした教育が行われます。きめ細かで熱心な教員のサポートと、学生同士が切磋琢磨しじっくり時間をかけて研究ができる環境があります。4年次に取り組む卒業論文・研究では教員の指導を通して、思考力や分析力といった学生の研究能力を鍛えていきます。

青山学院チャットルーム

青山学院で学ぶ全ての学生・生徒・児童が利用でき、本学で学ぶ外国人留学生との“会話”を日常的に楽しめるのが、キャンパス内に設置されている「チャットルーム」です。ここでの国際交流を通じて、語学力の向上をめざします。

長期海外留学(在学留学)

留学年次と修得単位によっては、留年せずに4年間で卒業可能な約1年間の留学です。 一定の条件を満たせば、留学先で修得した単位が卒業に必要な単位として認定され、継続履修制度の適用を受けることもできます。

学部の特色

歴史・思想・言葉を基盤として、国際性豊かな5学科の専門性に立脚した学びを追究。人間が生み出してきた多種多様な知の営みにふれ、理解を深めることで、幅広い見識と知恵を育みます。「人文知」体験によって教養、知性、感受性、表現力を磨き、自らの未来を拓く「軸」を形成します。

学びのポイント

1. 多様性に富んだ学際的で個性的な学び
5学科制のもとに、文学、言語、歴史、芸術、文化研究などの学問分野を一人ひとりの関心や目標、個性に応じて主体的に選択できます。
2. 少人数制ゼミナール
3年次以降は少人数制ゼミナール(演習)を核として、教員のきめ細かいサポートや学生同士の切磋琢磨の中で自らの目標を追求できます。
3. 実践的な外国語教育と情報教育
各言語圏の深い学識を有する教員が、文化や生活習慣などの背景も含めて指導。情報技術を駆使するスキル習得のための科目も設けています。

青山学院大学 文学部の問合せ先

青山学院大学 文学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
03-3409-0135 (入学広報部)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。