東京経済大学

  • 612人が検討中

コミュニケーション学部

東京

「メディア×国際」グローバル社会でメディアテクノロジーを駆使し、快適な環境を創造するコミュニケーションのプロへ

募集人数:240

初年度納入金:132.28~135.28 万円(メディア社会学科132万2800円、国際コミュニケーション学科135万2800円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
メディア社会学科
2022年4月名称変更
150
国際コミュニケーション学科
2022年4月設置
90

東京経済大学 コミュニケーション学部の特長

学ぶ内容

コミュニケーションは社会を支える基盤であり、人間の原点です。メディア社会学科では、コミュニケーション学を理論的に学ぶ授業と、社会調査や作品制作など情報や感情をカタチにする実習とを組み合わせ、表現力やメディアテクノロジーを使いこなす力を養います。国際コミュニケーション学科では、急速にグローバル化が進む現代社会を、国境を越えヒト・モノ・コトが移動する「モビリティ」の観点から考察し、異文化体験等を通じて多様性への理解を深めます。異文化に柔軟に対応する力と、コミュニケーションツールである英語を身につけ、多様な人や社会、文化のなかで快適なコミュニケーション環境を創りだす力を養います。

学びのポイント

◇1年次は基礎科目と導入ゼミを中心に学ぶ
◇メディアと国際の二つの観点から専門性を深める
◇主体的に研究するゼミと実践的体験のためのワークショップ

カリキュラム

メディア×国際の掛け合わせで、個々のメディアの特徴をふまえたリテラシーの向上と、異文化理解に根ざした英語運用能力を高めるカリキュラムを構想中。理論や技術を学ぶ科目と、それらを体験的に理解するワークショップ科目が連動し、実践的なスキルを習得します。

ゼミナール

インターネットやスマートフォンの登場で今やコミュニケーションは社会を動かす大きな力となっています。あるゼミでは、メディアとコミュニケーションの関係を中心に、社会調査など実証的な方法を通じて、問題を発見し論理的に答えを提案するトレーニングを行います。たとえば「SNS上の既読無視を嫌う人は時間を守る」という仮説を立てた場合、どんな調査をし、どう分析するかを導き出し、周囲を納得させる解決策を提案する能力を身につけます。

ワークショップ

理論を実体験を通して理解する、表現系・調査系・英語系3つのワークショップがあります。映像作品やウェブサイトの制作・身体表現から表現力を鍛える、インタビューやアンケートなどで現場の情報を収集・分析する、コミュニケーションの手段である「英語」に焦点を当てるなど、自ら体験しながら学べるカリキュラムです。学科の垣根を越え、幅広い科目選択が可能です。

取得できる資格(*は国家資格)

中学校教諭一種免許状【社会・英語】*、高等学校教諭一種免許状【公民・英語】*

目標とする資格(*は国家資格)

各種英語検定、社会調査士、PRプランナー補、ITパスポート試験*、国内旅行業務取扱管理者*、統計検定

PRプロフェッショナルプログラム

情報スペシャリストであることを証明する「PRプランナー補」と「社会調査士」の両方を取得できるカリキュラム編成。PR関連の企業や部署はもちろん、CSRが求められるさまざまな職場で必要な、情報収集・調査・発信能力を養成します。

東京経済大学 コミュニケーション学部の入試情報

東京経済大学 コミュニケーション学部の問合せ先

東京経済大学 コミュニケーション学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
042-328-7747 (入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。