福山大学

  • 57人が検討中

生物工学科

広島

生命の尊さと生き物のしくみを学び、生物の力で人と自然が共生した持続可能な社会の構築をめざします。

募集人数 50
初年度納入金 146.5 万円(入学金33万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

福山大学 生命工学部 生物工学科の特長

講義、実験、フィールドワークなどで生命のしくみを分子レベルから生態系まで幅広く学びます

初年次には、生物工学を学ぶために必要な化学、生物学などの基礎科目を学習し、続いて微生物学、植物・動物生理学、生化学、分子生物学、遺伝子工学などを学びます。各学年に配置された学生実験・実習の多くは授業とリンクしており、車の両輪になっています。卒業研究では、各自テーマを決めて研究に取り組みます。

生命に対する畏敬心と倫理観を持ち、豊かな教養と品性の涵養をめざすカリキュラムです

知識、技能、態度の3つの面で、学年ごとに達成すべき目標を定めています。1年次は自立、2年次は対話、3年次は社会参加、そして4年次は自己実現をめざします。初年次に生物工学について広く学び、次に生命や生物のしくみを学びます。3年次には社会への応用を、最終学年では実践・研究力の修得をめざします。

地場産ブドウを使ったワイン製造[福山大学ワインプロジェクト]

ワイン用ブドウ品種として知られるマスカット・ベーリーAの栽培が盛んな福山市。この地域の特産品と、本学科の長年の酵母研究を“ワイン醸造”に結実させ、新たな地域産業の創出をめざします。ブドウ栽培から醸造まで学生が主体的に学べるよう、2015年からカリキュラム化しました。

キャンパス内の自然豊かな里山を活かした絶好のフィールド調査実習

本学のキャンパスは自然豊かな里山にあり、そこに生息するアカネズミの生態調査を行う本実習は非常にユニークです。学内各所に仕掛けたトラップで採集した生物を、DNAシーケンサなどの最新装置と技術を使って遺伝子解析し、アカネズミの生態を調べます。これにより、生態系や生物多様性についてフィールドで学びます。

化学的・生物学的手法を使った環境分析を学び地域の環境を調査する

生態系やヒトの健康に影響を及ぼす地球環境は、世界的に大きな関心を集めています。環境問題を議論するためには正確な科学的データが必要で、本実習では環境を分析する技術を学びます。また小グループに分かれてテーマを設定し、実習で学んだ技術を使って、地域の河川や湖沼、海岸などの環境を調査し、発表します。

学生一人ひとりの個性にあわせて、就職・進学を親身にサポートするキャリア教育

充実したキャリア教育で将来への展望を明確にします。3年次のバイオ経済・企業論では、バイオテクノロジーをバックグラウンドに活躍する卒業生などから実体験を伺い、進路選択に活用します。卒業生は環境、化学、医薬、食関連産業などに多く就職し、進学者は本学大学院のほか、国公立大学大学院にも進学します。

福山大学 生命工学部 生物工学科の入試情報

福山大学 生命工学部 生物工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)アキタ、(株)セラアグリパーク、池田糖化工業(株)、(株)エブリイ、(株)カタオカ、(株)サタケ、(株)キング食品、JFE 西日本ジーエス(株)、(株)やまみ、マルケー食品(株)、ツネイシカムテックス(株)、東広商事(株)、(株)丸久、キングラン中四国(株)、(株)仁科百貨店、大黒天物産(株)、(株)いかりスーパーマーケット、熱研プラント工業(株)

福山大学 生命工学部 生物工学科の問合せ先

福山大学 生命工学部 生物工学科お問い合わせはこちらへ

〒729-0292 広島県福山市学園町1番地三蔵
TEL 084-936-2111(入試広報室)
E-mail kouhou@fukuyama-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。