和光大学

  • 53人が検討中

芸術学科

東京

<アート> <デザイン> <プランニング> の3つの系統の授業を自由に学びながら、創作に必要な教養と技術を磨き上げます

募集人数 80
初年度納入金 125 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

和光大学 表現学部 芸術学科の特長

「何かを自分の表現で伝えたい」をカタチにします

「アート」「デザイン」「プランニング」の3つの系統の授業を自由に学びながら、教養と技術を磨き上げていきます。1・2年次は専門を限定せずにさまざまな芸術表現にふれることができます。3年次からは各自の専門分野を深めていきます。総合大学の芸術学科なので、実技と理論をバランスよく学べるのが特長です。

3つの系から自由に授業を選択し、自分の専門を究めていきます

絵画・版画・映像などを中心とした造形技術を習得する「アート」、IT時代のデザイン思考を養うため多様なデザインの現場を経験できる「デザイン」、書物や雑誌のみならず映像や空間に関する編集術まで身につけていく「プランニング」の3つの系から自由に授業を選択し、制作・研究テーマを深めていきます。

自由な発想で学びを追究。自分で納得がいくまで制作に打ち込みます

アート系では「シルクスクリーン」「日本古典技法」「現代美術の立体表現研究」など、デザイン系では「アニメーション表現論」「広告表現研究」「プロダクト・デザイン」など、プランニング系では「製本ワークショップ」「日本マンガ史」「編集という仕事」など、枠にとらわれずに自由に学べるよう科目を設置しています。

表現方法や技術を楽しみながら修得します。その一部を紹介

<グラフィックデザインの基礎>デザイナーの道具として必要不可欠となったパソコンを、鉛筆や絵具と同じように扱うための訓練を行います。
<製本ワークショップ>実際にある本をばらして仕組みについて学びます。イメージを膨らませて、プレス機やハリガネなどを使って実際に自分の手で本を作ります。

倉方雅行ゼミ「プロダクト・デザイン」

グッドデザイン賞の審査委員も務められた倉方先生のゼミでは、身の回りにあるモノがどのようにデザインされているか、その歴史や技術を学び、ものづくりを探究。大学祭では、ゼミ生がデザインした製品を販売します。アイディアをカタチにする面白さと、「買っていただく」ことまでを見据えるシビアさを体感できるゼミです。

作家活動やグラフィックデザイナー、博物館学芸員など卒業後の進路はさまざま

自分の表現を追究し、社会で通用する実力を身につけた卒業生は、作家活動やグラフィックデザイナー、出版・編集者などとして活躍しています。その他、画家、陶芸家、各種デザイナー、アートディレクター、博物館学芸員、美術科教員などとして活躍しています。

和光大学 表現学部 芸術学科の入試情報

和光大学 表現学部 芸術学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:株式会社アダストリア、株式会社コジマ、株式会社ユニバーサル園芸社、株式会社コングレ、株式会社丸栄タオル

和光大学 表現学部 芸術学科の問合せ先

和光大学 表現学部 芸術学科お問い合わせはこちらへ

〒195-8585 東京都町田市金井町2160
TEL 044-988-1434(和光大学 入試広報室)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。