和光大学

  • 53人が検討中

総合文化学科

東京

言語、文学、映像、演劇などの[ことば]による表現を多角的な視点で学び、新たな考えを生み出し発信する力を養います

募集人数 123
初年度納入金 120 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

和光大学 表現学部 総合文化学科の特長

文学、演劇、映像、音楽、神話といった表現の世界を読み解く力をつけます

「ことば」「文化」「表現」に関して、幅広い視野から、その奥深さ、多様性にアプローチ。図像・音楽・映像・演劇・思想などをトータルな視点から把握し、自ら新たな考えを生み出し、そして発信することのできる人材を育てます。4年間を通じてゼミナールを開講しています。

少人数のゼミナールで、自分の専門を究めていきます

1・2年次は少人数の「プロゼミ」で基礎的な力をつけ、3・4年次で、専門的なゼミナールを自由に選択して、自らの興味や関心を深めていきます。テーマをしぼり資料を集め、報告して討論するゼミナールでの学習によって、あなたならではの表現が生まれます。

さまざまな地域や歴史、ことば、文化に出会える多彩な科目を配置

「ことば」「文化」「表現」に関して、幅広い視点から、その奥深さ、多様性にアプローチしていきます。日本語と日本文化をベースとして、外国語や外国文化、神話や思想、音楽や、映像、メディアや文化史などをフィールドワークも交えながら、自由に学びます。

表現を広い視野で探り、豊かな表現力を養います。その講義の一部を紹介

<神話学入門>無文字社会の神話を中心に世界の神話を概観します。なじみのない地域、神名を通じて人類史を理解します。
<日本古語を学ぶ>源氏物語や雨月物語など古典の名作を、古語に親しみ、物語の楽しさを味わいながら読解します。

フィールドワークでは、その土地の人々、文化など新しい出会いが満載

総合文化学科では、文学や伝承、伝統的な技術が残る土地をたずねるフィールドワークが盛ん。ヨシの松明が地域文化の象徴・近江八幡や、詩人ゆかりの地・岩手などへ足を運んでいます。フィールドワーク報告会では郷土料理の屋台も出て、学生や教職員で大いに盛り上がります。

酒寄進一ゼミ「ドイツの文化と歴史」

ドイツ・ファンタジーやミステリーなどの翻訳家である酒寄先生のゼミでは、酒寄先生が翻訳を手がけたフォン・ハルボウのSF作品『メトロポリス』を読み進めています。年によっては実際にドイツへ足を運ぶことも。文学の世界にも、実際の世界にも飛び込んでいけるのが魅力です。

和光大学 表現学部 総合文化学科の入試情報

和光大学 表現学部 総合文化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:イオン株式会社、株式会社日立ニコトランスミッション、パナソニックエイジフリー株式会社、株式会社ローソン、住友林業ホームサービス株式会社、株式会社ビジョンサービス、調布市立中央図書館

和光大学 表現学部 総合文化学科の問合せ先

和光大学 表現学部 総合文化学科お問い合わせはこちらへ

〒195-8585 東京都町田市金井町2160
TEL 044-988-1434(和光大学 入試広報室)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。