金沢学院大学

  • 61人が検討中

スポーツ科学科

石川

スポーツ科学と健康科学を理論・実践から学び、スポーツ業界で活躍する人材に。

募集人数 150
初年度納入金 131 万円(実習費含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

金沢学院大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科の特長

将来の目標に合わせた学びを4つの専攻に分類し、4年間を通して実践的に学ぶ

新たに誕生したスポーツ科学科では、将来の目標に合わせた学びを「アスリート・指導員養成」「体育教員養成」「公安・公務員養成」「スポーツビジネス」の4つの専攻に分類。4年間を通してスポーツ科学と健康科学を理論・実践から体系的に学んでいきます。

人間教育にも重点を置き、学士力・社会人基礎力の向上へ

創造性と革新性、社会の規範となる高い倫理性などをはぐくむ人間教育にも重点を置いています。例えば1年次のプレゼミナールをはじめ、基礎演習や各就職講座、国語表現、プレゼンテーション演習などを実施するなど、徹底した少人数制教育を通して学士力と社会人基礎力を高めていきます。

理論と実践の両面から学び、多岐にわたる分野で活躍できる力をはぐくむ

基礎科目と実技科目を効果的に組み合わせ、スポーツ科学と健康科学を体系的に学べるカリキュラムを実施。理論と実践の両面を高めていくことで、体力の向上からトップアスリートの指導まで幅広く対応できる力をはぐくみ、多岐にわたるスポーツ・健康分野の即戦力を育成します。

保健体育教諭免許など、多彩な資格・免許を取得可能

スポーツ科学科では、専門必修科目と各系統に設定された選択科目の中から指定された科目を履修することにより、中学校・高等学校の保健体育科教員免許をはじめ、スポーツ指導者、健康運動指導士、トレーニング指導者などスポーツや健康に関する資格を取得できる予定です。

新トレーニングセンターをはじめ、最新鋭の施設・設備機器が充実

さまざまな競技に対応するマシーンを拡充した新トレーニングセンターやモーションアナライザーなど最新鋭の機器を導入した健康科学測定室など、本格的な施設を整備しています。各種スポーツに関連した体力と運動機能の向上を目指して、新しいトレーニング方法などを科学的に探究しています。

スポーツ・健康にかかわる人材育成を求める時代の声に応える

現在のスポーツ健康学科で学ぶ学生たちの進路が、教員や公務員に加え、健康産業界、スポーツ産業界、アスリート、各種アスリート指導者などに広がりはじめています。そこで本学では、これまで学科として取り組んできた学びを進化させ、さまざまな分野で活躍するプロフェッショナルを育成する新学科としてスタートさせます。

金沢学院大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:警視庁、栃木県庁、名古屋市消防局、太田市行政管理公社、塩野義製薬、小松製作所、綜合警備保障、神戸製鋼、JPアセット証券、フュービック、丸和運輸機関、四国医療器、東京スポーツアカデミー

金沢学院大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科の問合せ先

金沢学院大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科お問い合わせはこちらへ

〒920-1392 石川県金沢市末町10
フリーダイヤル0120-367-984
nyushi@kanazawa-gu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。