桜美林大学

  • 575人が検討中

日本研究

東京

日本研究各論をもって、国際社会に貢献できる協働の方法を探究する

初年度納入金 136.4 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

桜美林大学 リベラルアーツ学群 統合領域 日本研究 の特長

日本研究プログラム

日本研究では、言語、文化、社会など、日本に関する情報を対象とし、歴史学、社会学、地理学、文化人類学などにまたがる学際的な考察を行います。日本人が「当たり前」と感じることに対しても、クリティカル(批判的)な視点を持ち、知識を学ぶだけでなく背景や影響を探究して議論し、国際社会での貢献の方法を探ります。

オリジナルの学びをつくり出すことができる「メジャー・マイナー制度」

4領域30専攻プログラムの中から、メジャー(主専攻)、それとは別領域に属するマイナー(副専攻)を必ず選択。メジャーとマイナーが必修となることで、ひとつの学問分野の知見では解決できないような課題に対し、学際的な思考で取り組むことができます。2つのメジャーを履修する「ダブルメジャー」という学び方も可能です。

希望者全員が留学可能。グローバルアウトリーチ(GO)プログラム

本学群では学群独自の海外研修プログラムを展開し、1年次秋学期または2年次春学期に海外留学ができます。留学先は8カ国。言語は英語・中国語・コリア語のいずれかを学び、大学生活の早い時期に語学力とともに困難を乗り越えるための柔軟性、異なる価値観に対する寛容性を身につけることができます。

多彩な留学プログラムで「世界に通じる人材」を育成

留学提携校・機関は200以上、35の国と地域に広がり、1学期間の中期留学~1学年間の長期留学、春期・夏期休暇を利用する短期語学研修、ボランティア、インターンシップなど一人ひとりのニーズに合う多彩なプログラムを用意。これらのプログラムで、年間約780名(2019年度実績)の学生が海外で語学力と柔軟性を磨いています。

桜美林大学 リベラルアーツ学群 統合領域 日本研究の入試情報

桜美林大学 リベラルアーツ学群 統合領域 日本研究の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:JR東日本サービスクリエーション、石井スポーツ、大塚商会、クレディセゾン、京王百貨店、電子工学センター、東急ストア、ナイキジャパン、日立ICTビジネスサービス、日立ホーム、ビックカメラ、ファンケル、星野リゾート、ユニクロ、ヨドバシカメラ、ローソン、Apple Japan、アサヒ飲料販売、旭化成ホームズ、イケア・ジャパン、日本気象協会、エヌ・ティ・ティ・システム開発、スターバックスコーヒージャパン、住友林業、ソニー銀行、第一生命保険、多摩信用金庫、東京都教育委員会、日本マクドナルド、野村不動産ソリューションズ、富士ソフト、明治安田生命保険、ヤマトシステム開発、横浜市交通局、警視庁、防衛省

桜美林大学 リベラルアーツ学群 統合領域 日本研究の問合せ先

桜美林大学 リベラルアーツ学群 統合領域 日本研究に関する
お問い合わせはこちらへ

〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
桜美林大学入学部インフォメーションセンター TEL:042-797-1583
info-ctr@obirin.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。