桜美林大学

  • 1,067人が検討中

精神保健福祉専修

東京

精神保健福祉と実践心理の2つのコースを設置。演習や実習科目で支援の実践力を高める

初年度納入金 148.4 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

桜美林大学 健康福祉学群 精神保健福祉専修の特長

精神障がいのある人とその家族を支える「精神保健福祉士」の国家試験受験資格取得をめざす

精神障がいのある人の相談援助を行う「精神保健福祉士」の育成をカリキュラムの中心に置いています。社会福祉に関する法律や制度の知識を活用し、どのように相談援助を行うか、実習や演習を通じて実践的に学びます。社会福祉学を基盤とし、医学的知識や心理的支援の習得も重視しています。

実践心理コースが誕生。「公認心理師」の国家試験受験資格取得をめざす

1年次は心理学の基礎固めを行い、2年次からは、応用・実践系科目を中心に履修し、専門性を高めていきます。公認心理師国家試験の受験資格取得をめざす場合、 3年次、4年次に必修となる「心理演習」「心理実習」を含めた指定科目27科目60単位を習得することで、学士課程における要件を満たすことができます。

実習に必要な態度・知識・技術を身につけ、2年次から実習を開始

2年次に見学実習、3・4年次に現場への配属実習を実施します。見学実習では、精神科病院や各種の社会復帰支援施設などを訪問し、精神保健福祉の実情と精神科ソーシャルワーカー(PSW)の役割について知識・理解を深め、配属実習では機関・施設に集中的に通って専門職の指導下に実践を学びます。

豊富な資料が揃う実習支援センターが専門職教育をサポート

実習支援センターでは、実習のサポートを行うほか、豊富な図書資料・AV資料が揃っており、それぞれの資格・免許を持つスタッフが常駐しているため、実習の事前事後学習の相談など、サポート体制も充実しています。また、ボランティアなどの情報提供や、資格取得に向けた勉強会も開催しています。

少人数制を活かした丁寧な指導。学生同士のコミュニケーションも充実

少人数であることを活かして、密度の濃い授業が行われています。また、実習報告会など発表・討議形式の授業や、コミュニケーション・スキルの向上を狙いとした実習、相談場面を想定したロールプレイなど、頭だけではなく心と体を動かして学生同士が触れあい対話できる時間が多いのも本専修の特長です。

広く総合的に、深く専門的に学べる学群制

健康福祉学群の他専修や他学群の科目と精神保健福祉専修を組み合わせて、独自の専門領域を切り拓くことが可能です。隣接した専門領域としては、社会福祉専修、健康科学専修、保育専修、リベラルアーツ学群心理学専攻プログラムなどがあげられます。

桜美林大学 健康福祉学群 精神保健福祉専修の入試情報

桜美林大学 健康福祉学群 精神保健福祉専修の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:保育士・幼稚園教諭、小・中・高・専門学校教員、地方公務員、警察官・消防官、パルシステム生活協同組合連合会、横浜農業協同組合、ベネッセスタイルケア、三井倉庫エクスプレス、他 医療法人等

桜美林大学 健康福祉学群 精神保健福祉専修の問合せ先

桜美林大学 健康福祉学群 精神保健福祉専修お問い合わせはこちらへ

〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
桜美林大学・インフォメーションセンター TEL 042-797-1583
info-ctr@obirin.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。