千葉工業大学

  • 997人が検討中

機械工学科

千葉

確かな技術と柔軟な発想力を持ち、幅広い舞台で活躍できるエンジニアを育成

募集人数 140
初年度納入金 167.45 万円(入学金25万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

千葉工業大学 工学部 機械工学科の特長

社会基盤を支える機械工学の知識と技術を、基礎から先端領域まで学ぶ

自動車や鉄道などの輸送機器から、工場などの生産設備、家電製品まで、さまざまな機械の設計・製造に必要とされる学問が機械工学です。この学科では、現代社会の基盤を支える機械工学の基礎力と実践力を身につけられることはもちろん、最新の機械工学にも触れることができます。

機械工学の基礎から先端領域まで、幅広いものづくりに対応

材料力学、機械力学、熱力学、流体力学、加工学、機械設計・製図を中心とする機械工学の基礎を修得。さらに機械工学の最先端の研究に取り組むことで、幅広いものづくりに対応できる能力を身につけることができます。

基礎を学ぶ重要性と、ものづくりの楽しさを味わうことからスタート

1年次には機械系の技術者にとって不可欠な数学や物理を学ぶ一方、基礎的な設計・製図を学び、「ものづくり演習」ではひとつのメカが完成するまでの一連の作業を体験します。ものづくりの楽しさと機械工学の重要性を体感し、2年次以降の本格的な機械工学の授業に備えます。

熱流体の姿を捉えて制御し、知恵と実験で自然に挑む

エアコンは、本体と室外機をつなぐパイプの中の冷媒が蒸発と凝縮する際に発生する熱を利用して、空気中の熱を室外や室内に移動させています。この空気の流れをうまく制御すれば省電力につながります。これは熱流体力学の応用例のひとつ。佐野正利教授の研究室では、その流れの法則を見つけ、制御する方法を研究しています。

鉄道の乗り心地を決める振動の制御法を研究

現在の東北新幹線の最高時速は320キロにも及びます。その実現の大きな要因のひとつが車両の軽量化。ところが、それに伴って車体に振動が発生し、乗り心地の悪化を招きます。中代重幸准教授の研究室では、車体を支えるサスペンションにアクチュエータを組み込み、積極的に振動を制御する方法を研究しています。

激しい社会変化にも柔軟に対応できるエンジニアとして幅広い領域で活躍

機械設計開発エンジニア、自動車・自動車部品の設計開発エンジニア、福祉・医療機器の設計開発エンジニア、生産設備の設計開発エンジニア、精密機械設計開発エンジニア、専門性を備えた教員など、幅広い領域での活躍が期待されます。

千葉工業大学 工学部 機械工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:JFEスチール、スズキ、三井金属鉱業、いすゞ自動車、日本電産サンキョー、レンゴー、YKK、日亜鋼業、関電工、大和冷機工業、日本トムソン、日本金属、ぺんてる、ヨロズ、東芝、スタンレー電気、山九、蛇の目ミシン工業、日本電波工業、日本コムシス、日立産機システム、日本ヒューレット・パッカード、JVCケンウッド、コロナ、フィリップスエレクトロニクスジャパン、JR東海、JR北海道、東京メトロ、東京電力、千葉銀行、君津広域水道企業団、関東運輸局、防衛省 航空自衛隊、警視庁、沼津市役所

千葉工業大学 工学部 機械工学科の問合せ先

千葉工業大学 工学部 機械工学科お問い合わせはこちらへ

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1 入試広報課
TEL 047-478-0222
cit@it-chiba.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。