ファッションビジネスコース

大阪

ビジネスに役立つ経営学を修得し、テキスタイルアドバイザーの資格も取得。ファッション業界の未来を紡ぐ人材を育成

初年度納入金 108.2 万円(※諸会費は別途納入が必要です。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪産業大学 経営学部 経営学科 ファッションビジネスコース の特長

経営学とファッションビジネスを体系的に学び、ビジネスの扉を開く重要なカギを手に入れる

ビジネスの基本となる「ヒト・モノ・カネ・情報」といった経営学と、アパレルの商品知識をはじめとするファッションの専門知識を体系的に習得。充実したカリキュラムを通じて、ファッション業界の未来を紡ぐ、ファッションビジネス界全体の未来を見据えた人材を育成します

4分野の専門知識と技術を身につけ、領域の拡大を続けるファッションビジネスの世界で活躍

今やファッションビジネスの領域は衣服にとどまらず、雑貨やインテリア、ライフスタイル提案にまで及びます。ファッションビジネスの場で活躍できるよう、繊維製品の「素材」「加工・整理」「企画・設計・生産」「流通・消費」の4分野の基礎知識を学び、実験・実習などを通じてスキルを磨き、スペシャリストをめざします

繊維製品に関するスペシャリスト=テキスタイルアドバイザーを養成する4分野

繊維・糸・布などの材料選びとその品質評価を学ぶ「素材」分野。染色加工や取扱い・洗濯などの知識を深める「加工・整理」分野。既製服づくりを体感しながら理解を深める「企画・設計・生産」分野。ファッションビジネスの全貌を実務的に学ぶ「流通・消費」分野。この4分野の授業を通じてスペシャリストを養成します

ビジネスとしてのファッションを学び、資格取得や将来の活躍に向けて努力する学生が多数

経営学とファッションビジネスを一緒に学べることに魅力を感じている学生が多く、アパレル関係の勉強とともに経営学・会計学、簿記など、ビジネスの現場で役立つ知識も磨いています。販売員やバイヤー、マーチャンダイザーなど将来の夢を叶えるため、衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)の資格取得にも挑戦しています

所定の科目を履修すれば、将来の活躍に役立つテキスタイルアドバイザーの資格が取得できる

本学は日本衣料管理協会の認定校。ここで所定の科目を履修すれば、卒業時に2級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)資格が取得できます。この資格はファッションビジネスの現場で必要不可欠になっているほど、専門知識に裏付けられた資格です。将来どんな職種に配属されてもプロとして活躍できる力が身につきます

将来の目標に合わせた特別コースを設置

経営学科では、ファッションビジネスの知識やスキルを身につけたい人のための「ファッションビジネスコース」を設置しています。日本のファッション業界をリードするビジネスの仕組みや商品知識を体系的に学び、商品企画や生産・販売についても学びます。まずはオープンキャンパスへ!

大阪産業大学 経営学部 経営学科 ファッションビジネスコースの入試情報

大阪産業大学 経営学部 経営学科 ファッションビジネスコースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)ネクステージ、(株)アーク・システム、ベイクルーズ、(株)シップス

大阪産業大学 経営学部 経営学科 ファッションビジネスコースの問合せ先

大阪産業大学 経営学部 経営学科 ファッションビジネスコースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
大阪産業大学入試センター tel:072-875-3001(代)
nyushi@cnt.osaka-sandai.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。