幼児教育学科
2022年4月開設

京都

子どもたちを取り巻く地域や人々と連携しながら、乳幼児の発達段階を理解し、幼児教育のプロフェッショナルをめざす

募集人数 80
初年度納入金 134.55 万円(入学金17万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

佛教大学 教育学部 幼児教育学科の特長

各講義を通じて幼児教育・保育現場で適切に保育ができる能力を養成

現場での実習やボランティアの場を提供。諸課題に対する適切な理解・判断・対応力を磨きます。また、教育・福祉・医療の総合大学だからこそ可能な現場との共同研究を通じて様々な問題の解決方法を探ると同時に、ゼミナールや卒業論文で幼児教育・保育の課題に取り組み、実践を支える知識・技術、論理的思考力を養います。

理論的知識と実践的知識にかかわる科目を系統的に配置したカリキュラム

「子どもがスキ!」というだけでは、良い先生にはなれません。先生に求められる理論的な知識(科目例/教師・保育者論など)と実践的な知識(科目例/保育実践演習など)をバランスよく学ぶことをとおして、現場が必要とする保育力、保育技術、コミュニケーション力をもった先生を養成します。

教育・保育の現場に精通した教員による丁寧な少人数クラスでの指導

教員・保育者の経験を有する教授陣が、学生の学びをバックアップ。学生一人ひとりと丁寧に話し合い、研究・学修はもちろんのこと、採用試験・就職活動のアドバイスも。ピアノ等の実技指導も丁寧に行いますので、経験の有無は問いません。

佛教大学附属幼稚園や地域の幼児教育施設と連携した豊富な現場実習

1年生より履修できる「現場体験実習」をはじめ、「教育職インターンシップ」「教育職インターンシップ・イクステンション」等の豊富な体験型授業をとおして附属幼稚園等で実際に子どもと関わり、保育の楽しさ・難しさを体感します。実習も附属幼稚園等で行うことで、安心感をもって臨むことができます。

現代の保育ニーズに応えられる「幼稚園教諭、保育士」を養成

教員養成系大学として50年以上の歴史と伝統を有する佛教大学では、2022年4月、新しく教育学部に「幼児教育学科」を開設します。子どもたちを取り巻く地域や人々との連携を図りながら発達段階の乳幼児を理解し、その状況に応じた教育・保育ができる幼稚園教諭・保育士を養成します。

「免許併修」制度により、幼稚園教諭、保育士に加え、小学校教諭、特別支援学校教諭もめざせる

4年間の学びをとおして幼児教育・保育の専門性を高めることはもちろん、就学前施設と小学校との連携の重要性の観点から小学校教諭、また、障がいのある幼児・児童を対象にした特別支援学校教諭等の他の免許状・資格の取得も可能になります。

佛教大学 教育学部 幼児教育学科の問合せ先

佛教大学 教育学部 幼児教育学科お問い合わせはこちらへ

〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL:075-366-5550(入学部直通)
butsu-dai@bukkyo-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。