安田女子大学

  • 625人が検討中

書道学科

広島

美意識を持って文字(コトバ)を書く-日本語能力を高め、創造性豊かにコトバを表現する

募集人数 30
初年度納入金 121.9 万円(入学金9万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

安田女子大学 文学部 書道学科の特長

豊かな書道能力を身につけ、広く社会に貢献できる職業人を養成

書道学科が大切にしているのは、美意識をもって「文字(コトバ)」を書くこと。様々な書法や書道理論など基礎から確実に身につけていき、さらに専門性を深めながら思考力やコミュニケーション能力を磨いていきます。卒業後、社会に出て「書く力」を活かせる人材育成をめざします。

各自のテーマを追究する「書道特殊実習」

学年の枠を取り払った小グループで、様々なテーマを設定し、互いに交流しながら研修を進めます。先輩や後輩との交流も深まり、相互に刺激を受け合いながら技量・精神面ともに大きく成長します。個性と創造力を伸ばす好機会です。

広い範囲から自分の研究テーマを見つけ、自分のペースで追究

伝統的な書道科目から「絵画・デッサン」「カリグラフィックプレゼンテーション」など、幅広い分野の授業を用意しています。さらに、志を同じくする仲間とのかかわりや学外の書道関連イベントに参加することで、自分の書道活動のテーマが明確になっていきます。

デザインを通して、書を社会で活かす実践力を修得する「カリグラフィックプレゼンテーション」

地元広島の酒造メーカーで、毛筆を用いたラベルデザインに取り組みます。実際に蔵元を訪問し、社長に指導をいただきながら醸造工程の複雑さと繊細さを理解。ラベルデザインはお酒の味わいを表現すると同時に、ビンの形状にも留意が求められます。学生のセンスや潜在能力が大きく引き出される実践型の授業です。

京都・滋賀を訪れ、古筆や価値の高い書の鑑賞、製墨工場の見学など、貴重な体験ができる

書道実地研究(研修旅行)は書道学科ならではの行事。2泊3日の日程で京都・滋賀を訪れ、多くの博物館や寺社を巡ります。定評のある古人の名筆や古美術品などを見てまわり、「ホンモノ」に触れる研修旅行です。書の名品や文物に触れることで、人間性や学びたいという向上心を養えます。

ことばや文化の学習場所を海外に広げる「中国文化語学演習」(CCLP)

中国語と現地の文化を学ぶための短期留学制度として「中国文化語学演習」(CCLP)を設けています。台湾の国立台中科技大学で中国語を学ぶほか故宮博物院などの名所見学、現地学生との交流会を実施。現地の伝統・文化を身近に感じながら、語学修得と異文化理解を同時に深めていきます(世界情勢等により延期の可能性あり)。

安田女子大学 文学部 書道学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:広島市農業協同組合、山口フィナンシャルグループ、福山通運

安田女子大学 文学部 書道学科の問合せ先

安田女子大学 文学部 書道学科お問い合わせはこちらへ

〒731-0153 広島市安佐南区安東(やすひがし)6-13-1
TEL082-878-8557(入試広報課)
nyushi.box@yasuda-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。