名城大学

  • 2,506人が検討中

応用化学科

愛知

幅広い分野を基盤とした、化学的センスと広い視野を併せ持つ人材を育成する応用化学科

募集人数 70
初年度納入金 144.5 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

名城大学 理工学部 応用化学科の特長

合成化学、物質・材料化学、環境・エネルギー材料などの幅広い分野を学ぶ

2013年4月開設の応用化学科では、合成化学、物質・材料化学、環境・エネルギー材料などの幅広い分野を基盤として学び、化学的センスと広い視野を併せ持つ人材の育成を目指します。新しい物質や新機能の化学に立脚した研究開発、さらに化学エネルギー変換や環境保全のための化学プロセスの開発を行います。

化学物質の合成から、評価・応用できる人材へ。3領域から基礎を学び、実験実習も豊富

有機物を主体に物質開発を行う「合成化学領域」、新規物質を材料技術へ結びつける「物質・材料化学領域」、自然環境や人間環境への影響を考えながら新たなエネルギーを創りだす「環境・エネルギー材料領域」の3領域を学ぶ。座学で得た基礎領域の知識を実験により解釈し、知識と技術をバランスよく修得し創造力を養います。

●合成化学領域

キーワードは"設計・合成"。「エネルギー変換有機化学研究室」、「高分子・超分子科学研究室」、「生活化学研究室」からなり、材料の示す特性を分子レベルで理解し、新物質を設計・合成する能力を身につけます。

●物質・材料化学領域

キーワードは"評価"。「ナノ構造・物性研究室」、「表面反応化学研究室」、「ナノ構造組織化研究室」からなり、新しい機能を持つ物質・材料の精密な評価を行い、物質の創出に関わります。

●環境・エネルギー材料領域

キーワードは"応用"。「機能性セラミックス材料研究室」、「電子セラミックス材料研究室」、「触媒化学応用研究室」、「電気化学応用研究室」からなり、自然と調和する化学を基盤に、物質と環境・生活の関わりが理解できる能力を身につけます。

大学の就職支援を存分に活用して、志望した自動車業界へ

インターンシップ先の自動車部品メーカーで、一つの部品をつくるためにさまざまな部署の方が協力していることに惹かれたのが就職先を決めた理由です。面接の練習を何度もしていただけるなど、大学の就職支援が不安な気持ちを自信に変えてくれました。(東海理化電機製作所勤務・高木 文香さん/2018年3月卒業生))

名城大学 理工学部 応用化学科の入試情報

名城大学 理工学部 応用化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:アイシン精機、愛知製鋼、大林組、鹿島建設、ジェイテクト、住友林業、中部電力、デンソー、トヨタ自動車、日本車輌製造

名城大学 理工学部 応用化学科の問合せ先

名城大学 理工学部 応用化学科お問い合わせはこちらへ

〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
052-832-1151(代)
nyugaku@ccmails.meijo-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。