山内 恵介

スタディサプリ数学講師

山内 恵介

中学生の
定期テスト勉強法Presented by

数学数学の勉強法・定期テスト対策

山内 恵介

スタディサプリ数学講師
山内 恵介

効果的な予習・復習の仕方~数学編~

「解き方を覚えて、何度も練習すれば、できるようになる。」この「常識」ともいえるようなことが、「数学」の学習においてはあてはまらないこと、ご存じでしたか?

中学 数学の勉強法・定期テスト対策

「算数」は、問題を見ればどう解くかがわかりやすいものが多く、また「単元テスト」や「ドリル」で反復練習を行うことで、「自力で解ける」と思い込んでしまう、と言えます。つまり、なぜそう解くかを理解していなかったとしても、正解を出すことができる問題が多い、ということです。
ところが「数学」においては、なぜそう解くのか、という部分がおろそかになると、

  • いざ問題を見たときにどれをどう使えばできるのか判断できない=問題が解けない
  • ミスを何回もしてしまう

ということが少なからず起こってしまいます。

だからこそ、普段の学校の授業で、先生の授業に全力で集中し、先生が言っていることがどういうことかを「理解」することが必要となります。そして、その「記憶」がなるべく新しいうちに(できればその日の内に)、学校の授業の「ノート」を見直し、先生の授業の内容や言葉を「思い出す」時間を取るとよいでしょう。1回の授業で扱った内容を眺めるだけであれば、15分もあればできるでしょう。他の教科のノートも含めてすべて見直しても30分~1時間ほどですべて見直せます。

そして、数学に関しては、気になる問題や忘れかけている問題をもう一度解き直すことができればベストです。これらをすることで、記憶の定着につながっていくのと同時に、復習することを前提に授業をきくので、学校の授業に対する集中力が上がりますし、日々の復習それ自体が「学習習慣」につながります。

ただし、この復習で、何が何でもすべてできるように、覚えるようにする、ということではありません。少々曖昧な部分があったとしても、学校の授業は前回の授業の「続き」から始まりますから、前回の内容が頭に残っているだけで、次の授業の内容がすっと頭に入ってくるだけでなく、次の授業の内容を受けることで前回の内容の理解が深まる、本当の意味がわかる、ということが数学では珍しくありません。よって、プレッシャーに感じることなく、「今日は何を習ったんだっけな~?」というつもりで、リラックスしながらノートを見直すところから始めるとよいでしょう。家族にその内容を口頭で説明するのも効果的でしょう(聞き役の人は、必ず「笑顔」で「真剣に」聞いてあげてください)。

また、学校から宿題が出ている場合も、その宿題をやる時間は別に取ってください。宿題をやれば勉強は終了、という意識を持たないことが大切です。宿題は習ったことの「定着」のためにありますので、その前にその日(まで)の内容を振り返り、頭に入れた状態にしてから宿題をやると、宿題をやることによる効果は絶大となります。

そして、学校がない週末は、平日に習ったことを振り返るよい機会です。数学に関しては、ここで学校から配布されているワーク(なければ、教科書対応の市販のワークを用意するとよいでしょう)で、演習を積むとよいでしょう。そのとき、必ず「専用のノート」を用意してください。このノートに、答えだけでなく計算途中もしっかり書いて、自分がその問題をどう解いたのかを「残しておく」ということが大切です。

そして、「解答集」を見て、自分のやり方が正しいかをチェックしましょう。単なる「〇付け」に終わってはいけません。答えがあっていることはもちろん大切ですが、その途中をしっかり理解して進めているかが、数学においてはもっと大切で、価値のあるものです。もし学校で配布されているものが「答え」しかない場合は、やはり市販のワーク(解答・解説つきのもの)を用意していただくと、問題をただ解くだけでなく、ちゃんとやり方を見直すクセがつき、本当の実力になっていきます。やり方が間違っていたり、いまいちだった場合は、赤で直すのではなく、もう一度その通りに解いてみましょう。これらをすべて書いたノートは、後ほど述べますが、定期試験前の勉強の強力なサポーターとなります。

よって、普段の勉強は

「授業に集中」→「その日のノート見直し」→「週末に問題を解いて定着」

という流れで、理解を深めながら、記憶に残しながら進めるとよいでしょう。

定期テストの点数がUPする勉強方法

数学は暗記教科ではありません。テスト前に解き方を詰め込んだとしても、テストの当日に自分で解けるようになるわけではありません。それは、本番で解けるために、解けるようになるための「練習」がある程度以上必要な教科だからです。よって、数学の定期テストの点数をUPさせるコツは、普段からコツコツと学習を進め、テスト前は「忘れてしまっているところの発見と克服」を行うことです。

中学 数学の勉強法・定期テスト対策

普段の勉強方法は先ほど言った通りです。そして、テストがある程度近づいてきたら、学校で配られたワーク(や市販のワーク)で、試験範囲に当たるところを見つけてください。そして、あるページに載っている問題を「眺めてみる」ことです。眺めてみたときに、解き方が思い浮かぶ問題は大丈夫です。「あれ? どう解くんだったっけ?」と思ったら、実際に問題をやって思い出してください。それまでの学習で一度はやった問題ですし、勉強方法で書いたように、解いたときの「ノート」が残っているので、万が一解き方を完全に忘れたときも、それを見れば大丈夫です。

そして、忘れてしまっていた問題はチェックしておいて、週末などにもう一度「眺めて」みましょう。それで解き方が思い出せれば、本番でも思い出せます。このように、テスト前は、普段の勉強において、その内容が「記憶に定着しているかをチェック」する。これが、数学において定期テストの点数をUPするための基本となります。

そして、最も大切なことは、定期テストの点数をUPさせるための学習は、このように「振り返りと定着」のための学習であり、メインの学習ではない、ということです。点数を取ることを目標とすると、テスト勉強それ自体が勉強の目的となってしまいます。そうなると、テストが終わると解放感で綺麗に忘れてしまいます。中学校では、小学校と異なり、前の学年で何を学んだかの振り返りを行う余裕は学校の授業においてはほとんどありません。結果として、次の学年で同じ分野が出てきたとき、その内容を忘れていると、突然新しい分野でついていけない、ということが起こります。

中2で一気に数学がわからなくなる人が多いのは、中2の内容自体が中1よりも難しくなるのもそうですが、多くは中1時の学習方法に課題があって記憶に残っていないから、といっても過言ではありません。普段の学習の成果を試すものが、定期テストです。よって、繰り返しになりますが、「普段の学習をいかに充実したものにするか」が、定期テストの結果に確実につながってきます。

スタディサプリで定期テストを攻略しよう!

スタディサプリは、月額980円でプロ講師による高品質な動画授業が見放題。さらに!定期テスト攻略のための特別講座も受講できます。

STEP1 特典に直結する問題が詰まったオリジナルテキストを解く→STEP2 間違ってしまった問題は解説授業で徹底解説! STEP1 特典に直結する問題が詰まったオリジナルテキストを解く→STEP2 間違ってしまった問題は解説授業で徹底解説!

山内先生の定期テスト対策講座を
特別にお見せします

まずは無料で
はじめてみよう!
14日間無料で体験!今すぐ会員登録14日間無料で体験する

スタディサプリの料金についてもっと詳しく知りたい方はこちら

数学は解き方を覚えるしかない!と思っている人はいませんか?暗記やテクニックに頼らず本質から解説します。理解すれば解ける!スタディサプリで体験してください。

数学

数学の本質理解のトレーナー

山内やまうち 恵介けいすけ

「数学の本質を指導する」をモットーに、様々なレベルの生徒を指導。上位を目指す生徒のみならず、数学が苦手な生徒に人気が高く、数多くの数学アレルギー者の蘇生に成功。緻密に計算された授業構成と熱意のある本気の授業で受講者の数学力を育てる。厳しい授業の先にある達成感・感動を毎年数多くの生徒が体験!

【主な著作物】
・『「カゲロウデイズ」で中学数学が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)

担当授業:
中学1-3年生数学 基礎

数学の教科書別全授業のラインナップはこちら

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。