伊藤 賀一

スタディサプリ社会講師

伊藤 賀一

中学生の
定期テスト勉強法Presented by

社会歴史の勉強法

伊藤 賀一

スタディサプリ社会講師
伊藤 賀一

つねに時代・年代など前後関係を確認!

歴史は「いつ(when)」「どこ(where)」「だれ(who)」「なぜ(why)」「なに(what)」「どのように(how)」を学ぶ、社会科の花形、総合科目です。地理も公民も大きくいえば歴史に含まれます。今の瞬間、地球上のどこで行われたことも、明日になればすべて歴史になりますから。

歴史ができて地理や公民が極端に苦手、ということはありえません。もしあるとすれば、特定の時代や地域だけにやたら詳しい(三国志・王朝絵巻・戦国・幕末など)、というマニアックな人だけです。これ、あまりよい傾向ではないのです。

中学 社会の勉強法・定期テスト対策

歴史のポイントは「まんべんなく」勉強することにあります。地理や公民と違い、前から順に学んでいく科目です。連載漫画と同じで、1巻や2巻を読まず15巻と48巻を先に読んでも、何でこのキャラはこんなんだろう? なぜこの人たちは戦ってるんだろう? と疑問に思うだけだからです。読み切りモノじゃないのでね…。それに、最終的に立ちはだかる入学試験は「合格させるため」というより「落とすため」に作成されています。中央の貴族や武士の華々しい活躍よりも、地味な農民や地方の頑張りのほうが(というよりそれが大多数の人々の暮らしですから)多く出題されても文句は言えません。時代や分野のかたよりなく、学んでいってください。

そして、何より歴史は時代・年代を「順序よく」押さえなければいけません。「点」の知識ではなく「線」で語れる知識が必要です。だから歴史の勉強には年表が欠かせません。「流れが重要」「暗記は必要ない」などという綺麗ごとに惑わされないでくださいね。「流れ」というのはタダの「前後関係」ですから、重要年代や将軍・内閣などを「順序よく」暗記していることはとても大事なことです。ゴロ合わせでも何でも使って覚えてしまいましょう。覚え方、方法にこだわるよりも、結果のほうを重視してください。

社会科は英語や国語、数学と違い、(一部の難関校の入試問題を除き)思考力を問う科目ではありません。「(世の中ですでにこうだとされている)知識を」「順序よく整理して覚えているか」を問う科目=暗記科目です。中学生段階では、あくまでも「勉強」であり「学問」ではありません。皆さんは将来的に大学や大学院に行った時、「勉強」で覚えた知識に対し、「じつはこうじゃないか?」と仮説を立て、それを実証していく「学問」に取り掛かるのです。前提となる「知識」がなければ「学問」はできません。重要事項を暗記することは無駄でも無意味でもないのです。

スタディサプリで定期テストを攻略しよう!

スタディサプリは、月額980円でプロ講師による高品質な動画授業が見放題。さらに!定期テスト攻略のための特別講座も受講できます。

STEP1 特典に直結する問題が詰まったオリジナルテキストを解く→STEP2 間違ってしまった問題は解説授業で徹底解説! STEP1 特典に直結する問題が詰まったオリジナルテキストを解く→STEP2 間違ってしまった問題は解説授業で徹底解説!

伊藤先生の定期テスト対策講座を
特別にお見せします

まずは無料で
はじめてみよう!
14日間無料で体験!今すぐ会員登録14日間無料で体験する

スタディサプリの料金についてもっと詳しく知りたい方はこちら

社会科は習う先生によって、好き嫌いや成績が大きく変わる科目です。だから「楽しい」「面白い」と思ってもらえるよう心掛け授業をしました。頑張ってみてください!

社会

社会科を爆笑させる風雲児

伊藤いとう 賀一がいち

これまで東進ハイスクールなど多数の映像講座・予備校・塾・高校などで講師を務めた経験を持つ。多彩な経験をベースに圧倒的話術で展開される爆笑講義は、「教室が揺れる」と大人気。43歳で一般受験し、現在、早稲田大学教育学部生涯教育学専修に在学中。著書多数。

【主な著作物】
・『「カゲロウデイズ」で中学歴史が面白いほどわかる本』(KADOKAWA) ・『世界一おもしろい日本史の授業』シリーズ(KADOKAWA) ・『日本史B早わかり一問一答』(KADOKAWA) ・『きめる!センター倫理』(学研)その他多数 その他多数

担当授業:
中学社会地理・歴史・公民 基礎

公民の全授業のラインナップはこちら

地理の全授業のラインナップはこちら

歴史の全授業のラインナップはこちら

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。