兵庫県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
令和2年度(2020年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

最新の情報は兵庫県教育委員会のホームページでご確認ください。

兵庫県の入試日程
(令和2年度)

推薦入学・特色選抜等

・願書受付:2月4日(火)~2月6日(木)

・適性検査、面接等:2月17日(月) ※一部の学校は2月18日(火)も実施

・合格者発表:2月22日(土)

学力検査による選抜

・願書受付:2月26日(水)~2月28日(金)

・志願変更:3月2日(月)~3月4日(水)

・学力検査:3月12日(木)

・総合学科の実技検査:3月13日(金)

・合格者発表:3月19日(木)

兵庫県の入試制度
(令和2年度)

調査書(学力検査による選抜)

第3学年の各科目の評定について、次の総和(250点満点)とする。

・学力検査及び実技検査で受検する5科目:5科目×各5段階×4倍

・受検科目以外の4科目:4科目×各5段階×7.5倍

※その他の選抜では、第1学年~第3学年の各教科の学習の記録を、当該学科の特色や教育内容に即して、総合評定する。

学力検査による選抜

公立の全日制普通科(単位制を含む)及び総合学科の高等学校では複数志願選抜を実施する(コース、連携型中高一貫教育校は除く)。個性や能力に応じて高等学校を選択し、1校または2校を志願できる。その他の専門学科等では単独選抜を実施する。複数志願選抜の主な特徴は次のとおり。

1.第1志望校には一定の加算点を加えて合否判定を行う。

(第1志望加算点は、第1学区:25点、第2学区:20点、第3学区:25点、第4学区:30点、第5学区:30点。)

2.総合学科のみを志望する場合に限り、学力検査のうちの1科目を音楽、美術、保健体育、技術・家庭の4科目のうち、希望する1科目の実技検査に替えることができる。

合否判定

・調査書の学習評定(250点満点)と学力検査の成績(5科目×100点×0.5倍=250点満点)を合わせた総合得点(素点)が基本となる。素点と調査書の諸記録を参考にして総合的に合否が判定される。

・合否の判定方法

①各高等学校において、すべての受検生の点数を順に並べる。複数志願選抜の場合、第1志望者は素点に一定の第1志望加算点を加えた点数で、第2志望者は素点の点数で並べる。

②点数が、各校の募集定員数内の順位であれば、総合判定を経てその高等学校へ合格となる。

その他の主な選抜

普通科(単位制を含む)

・特色選抜

面接・小論文(作文)等(募集定員の20%以内[最大40人])

・推薦入学

国際文化系、自然科学系、総合人間系、健康福祉系コース:面接・適性検査等(募集定員の100%)

全日制普通科(単位制):面接・適性検査等(募集定員の50%)

総合学科

・推薦入学

面接・小論文(作文)(募集定員の50%)

専門学科(職業学科・特色ある専門学科)

・推薦入学

面接・適性検査等(職業学科は募集定員の50%[一部100%の学科あり]、特色ある専門学科は募集定員の100%)


※いずれも、調査書その他必要書類、面接、小論文(作文)・適性検査等の結果を資料として選抜する。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
兵庫県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策

※平成31年7月時点の情報です

英語

特徴的な単独問題は、時間をかけずに確実に点をとること。

試験概要

時間:50分 満点:100点

2019年度に出題パターンが変わり、リスニング・長文読解・長文総合・会話文・文法の5つの大問構成になった。小問は40問程度とやや多いが選択式が多く、記述も単語レベルである。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. リスニング 書き取り、応答文、絵を選ぶ、対話文と質問、英文と質問が出題されている。 24
2. 長文読解〈職業インタビュー〉 適語選択、適語補充、条件作文が出題されている。 16
3. 長文総合〈日本の伝統的な製品〉 適語選択、内容把握、適題選択が出題されている。 18
4. 会話文〈人工知能〉 内容把握、内容一致文選択、英問英答の適語補充、要約文の適語選択が出題されている。 18
5. 文法 語形変化、適語選択、適語補充が出題されている。 24
過去3か年の傾向

長文総合問題が多い公立入試の中で、単独で文法や整序英作文の問題があるのが特徴的である。2018年度までは整序英作文が出題されていたが、2019年度からは語形変化や適語選択などの文法問題が出題されている。記述で書かせる英作文は出題されていない。長文総合問題、リスニング問題では、年度によって違う項目もあるが例年ほぼ同じである。

対策

リスニングは、毎年単語の書き取りとビジュアル問題が特徴的である。日頃から単語のつづりは、声に出しながら練習し似たようなつづりのものは整理しておこう。短い会話と質問を聞いて答えるパターンの問題も、選択肢が図表の場合もある。情報を正確に聞き取る練習をしておこう。

長文問題では、長文に関する要約文中の適語補充が毎年出されている。キーワードを見つけ関係するところを本文中で探せば答えは見つかるだろう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 兵庫県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

兵庫県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「整序英作文」「語彙」の頻出テーマ、「リスニング」の様々なパターンを講座で解説!

もっとみる

数学

思考力重視問題が多い。過去問で出題パターンに慣れておくこと!

試験概要

時間:50分 満点:100点

制限時間は50分だが、大問数が6~7題、設問総数が30問程度と多い上、難問も含まれている。要領よく解答して、確実に得点できる問題にうまく時間をかけたい。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 独立小問8題 数の計算、式の計算、平方根の計算、2次方程式、反比例、平行線と角、円錐の体積、円の性質 24
2. 連立方程式の利用 2つの走行モードで走る自動車の走行距離について 14
3. 2次関数 傾き、三角形の面積、条件による座標の決定、面積を二等分する直線 15
4. 平面図形(円) 角度、円の半径、合同の証明、円周上を動く点によってできる三角形の面積 15
5. 確率 カードの並べ方による場合の数、確率、平均値、整数の性質 15
6. 図形の規則性 正多角形の頂点と内部の点を結ぶときの規則性 17
過去3か年の傾向

例年、大問1は独立小問が7題程度出題される。多くが基本問題で配点も大きいので、ここは全問正解を目指したい。

大問2以降は独特なテーマ設定の出題が多く、標準的な問題演習だけでは取り組みにくい問題が続く

「関数」は例年大問が2題出される。1つは放物線の問題で、図形と関連させた問題が中心。解法や考え方に三平方の定理を利用する場合があるので注意したい。もう1つは速さの変化や図形の移動など、身近な題材をテーマとした問題が必出。近年は、自らグラフ化した図を用いて答えを求める問題が多く、難易度が非常に高い。

「図形」は2題程度の出題。平面図形は証明問題が必ず含まれるが、穴埋め式なので比較的取り組みやすいだろう。大問内における最後の設問は難易度が高く設定されているので、時間のかけ方に注意したい。

この2年間は、最後の大問で図形の規則性について出題された。その傾向は今後も続くと考えられる。日頃あまり見慣れない問題のように感じられるのかもしれないので、それを見据えた対策を行いたい。

対策

大問1の独立小問題を除いて大きな特徴をもつ出題が続くので、各単元の基本事項についてはできるだけ早い時期に復習を終えておきたい。

受験が近づいてからは、過去の出題を最低5年分は解き、問題の『雰囲気』と時間配分を考えることに慣れておくこと。兵庫県だけではなく、全国の公立高入試では「思考力」「判断力」などを問う新傾向の問題が近年増加している。他の都道府県のいろいろなパターンの問題に数多く当たり、見慣れない問題に出会っても落ち着いて対応する練習をしておこう。

また、年度によって単元の並びが変わり、難易度の高い問題の位置も変化をするため、入試本番では得点できそうな問題の見極めが非常に重要になる

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 兵庫県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

兵庫県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「関数とグラフ」「三平方の定理の利用」「速さの変化」などの講座で、応用力を高めよう!

もっとみる

国語

選択式の問題で迷ったら、すぐに本文を読み直そう!

試験概要

時間:50分 満点:100点満点

大問数は5で、幅広い分野から出題される。小問数は例年30前後とやや多め。文章量は標準的で多くの問題が選択式だが、選択肢の分量が多く、またやや難解なものも含まれているので、時間配分には注意が必要。なお、記述問題はほとんど出題されない。漢文は必出である。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
項目 内容 配点
1. 会話文と資料 適語補充(抜き出し式)、適語補充(選択式)、内容把握(選択式)、内容把握(20~25字の記述式) 14
2. 漢文とその書き下し文〈「唐詩選」〉 漢詩の形式(選択式)、返り点、適語補充(選択式)、内容把握(選択式)、心情把握(選択式) 15
3. 古文〈「沙石集」無住〉 現代かなづかい、口語訳(選択式)、表現把握(抜き出し式)、理由説明(選択式)、内容把握(選択式) 15
4. 小説〈「曙に咲く」蜂谷涼〉 漢字の読みがな、「れ」の識別(選択式)、語句の意味(選択式3問)、心情把握(選択式)、理由説明(選択式)、心情に関する比喩表現(抜き出し式)、理由説明(選択式)、内容把握(選択式) 27
5. 論理的文章〈「動的平衡2」福岡伸一〉 漢字の書きとり(選択式)、接続詞挿入(選択式)、四字熟語挿入(1字指定あり)、内容把握(選択式・抜き出し式)、内容把握(適語補充型の抜き出し式2か所)、指示語の具体的内容(選択式)、内容把握(選択式)、要旨把握(選択式) 29
過去3か年の傾向

大問1は、年度ごとに出題内容が異なっているが、以前の国語の知識を問う単問形式からは変化していると言える。2019年度は、生徒会執行部役員の議論と生徒会規約をもとにした内容把握の問題が中心で、しっかりとした読解力が求められている。

大問2は漢文(書き下し文含む)で、教訓を含む内容のものや漢詩など、やはり年度により題材が異なる。やや難しいことがあるので注意が必要。

大問3の古文では、著名・無名な人物の逸話が多く取り上げられている。現代かなづかいや口語訳の問題は必須。

大問4の小説は、時代背景こそ異なるものの、同年代が主人公である文章が取り上げられている。心情把握を中心に、表現技法なども絡めた小説特有の問題が主に出題されている。一部で選択肢の文章量の多いものがあったり、選択肢の表現の差異が微妙でしぼりこみにくい設問が見られたりすることもあり、丁寧な読解力が必要。

大問5の論理的文章は、社会的なテーマ・理科的なテーマなど様々な内容が選ばれる。設問は内容把握を中心に、接続詞・副詞挿入や論理展開を問う問題など、論理的文章特有の問いが出題されている。

対策

この県の大きな特徴として、記述式がほとんどなく、選択式の出題が多いことが挙げられる。しかし、その内容は簡単ではなく、容易に正答を選べる問題は少ない。本文を的確に読み進めることはもちろん、選択肢を丁寧に読み解く力が必要である。テスト時間に追われ、わからないままとりあえず何か答えを選びたくなるようなときも、急がば回れと、文章に向かう習慣をつけよう。

また、すべての出題を通して、国語の知識が幅広く問われている。何かに的をしぼったような勉強の仕方ではとても対応できないだろう。これまでに習ってきたことの確認を決して怠らないこと。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 兵庫県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

兵庫県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「物語・小説の読解」「論理的文章の読解」の講座で選択肢を吟味するコツを身につけよう。

もっとみる

理科

出題分野によって時間配分の調整が必要!

試験概要

時間:50分 満点:100点

全体の構成は例年、大問が5つ。大問1は小問集合で、物理・化学・生物・地学分野から2問ずつ出題される。大問2~5は4分野から1つずつ出題され、1つの大問が2、3のテーマに分かれていることが多い。

小問数は35問程度で、記号選択問題が大半を占めるが、近年、全体として難しくなる傾向にあり、思考を必要とする問題があるため、時間配分の調整が必要だろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 小問集合 音の性質(物理)、炭酸水素ナトリウムの加熱(化学)、植物の生殖(生物)、火成岩(地学)についての基本的な内容の確認問題(記号選択6問、語句記述1問、計算1問) 16
2. 消化と吸収、血液循環 栄養分の分解と、心臓のはたらきについての問題(記号選択7問) 21
3. 酸・アルカリ・中和 うすい硫酸とうすい水酸化バリウム水溶液の中和と、うすい塩酸とうすい水酸化ナトリウム水溶液の中和についての問題(記号選択5問、語句記述1問、計算1問) 21
4. 天気の変化、大気中の水 日本付近の天気の変化と、湿度などの大気中の水の変化についての問題(記号選択7問) 21
5. 力の性質 圧力の性質、ばねの性質、浮力についての問題(記号選択4問、計算3問) 21
過去3か年の傾向

作図問題や短文記述の問題はなく、記号選択の問題が大半を占めているが、記号選択であったとしても、計算や思考の必要な問題が多くあるため、注意しておこう。

大問1の小問集合では、4分野それぞれの1単元から、基本的な内容の確認問題が各2問ずつ出題されている。

物理分野では、計算問題と図・グラフから考察する問題が組み合わされ、教科書に出てくる内容を主として、総合的な見方と思考力が要求される。一つひとつの現象が起こる理由をしっかりと把握しておく必要がある。

化学分野では、実験を中心に基礎的な内容を問うものが多いが、化学反応の量関係などの計算問題も出題されている。

生物分野では、実験・観察に関する問題と基礎事項の知識・理解を問うものが多い。

地学分野では、基礎的な内容が多いが、図やグラフに関する問題が多く、計算問題も出題されている。

対策

大問1の小問集合で問われるのは、教科書にのっている重要事項の確認だけであるため、確実に得点したい。そこで、普段から教科書のまとめのページをよく読み、その内容はもれなく理解しておこう。

大問2~5では、例年、物理分野の難易度が高い傾向にある。問題を把握して解答を出すのに時間がかかるため、物理分野とそれ以外の分野で、時間配分を変える必要があるだろう。

化学・生物・地学分野は共通して基本的な内容が多いため、教科書に出てくる内容を確実に理解しておくことが必須だろう。

また、記号選択の問題であったとしても、思考や計算の必要な問題が多いため、過去の入試問題を見て、その出題内容は必ず把握しておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 兵庫県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

兵庫県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「電流回路」「物体の運動」「仕事とエネルギー」など重要単元を解説

もっとみる

社会

選択問題の割合が高いが、選択肢の見極めは慎重に!

試験概要

時間:50分 満点:100点

過去3年間の大問数は3、小問数は40ほど。
試験時間に対する問題数は少なく感じるかもしれないが、選択肢の文章が長めで、正誤が見極めにくいので、テンポ良く解答していかないと、時間が足りなくなることもあるだろう。確実に解答できる問題から進めていくといった柔軟さが必要。
論述問題は全く出されていないので取り組みやすいが、正誤の紛らわしい選択肢には要注意。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 地理(総合) 世界各地・四国地方の様子(選択13題) 35
2. 歴史(総合) 文化・資料に関する歴史(記述3題、選択11題) 35
3. 公民(総合) 政治・経済と私たちの生活(記述2題、選択10題) 30
過去3か年の傾向

・大問1で世界地理・日本地理について出題される。
世界地理は比較的広い範囲の地域から、日本地理はある特定の地域から出題されている。
地図や統計・グラフの読み取り問題なども多く含んだ出題となっていることが特徴。
日本地理では地形図の問題が必ず出されているので、準備を怠らずに。

・大問2で古代から現代までの歴史が日本史を中心に出題される。
略年表や写真・説明文が示され、これらの内容についての関連事項が問われている。
世界史の知識が必要な年度もあるので対策を立てておこう。

・大問3で公民的分野について出題される。
政治分野を中心に、経済・国際の各分野についても基礎的内容が問われている。
→地理と同じく、グラフや表、模式図などを用いた問題が多い。

対策

・地理的分野
世界地理は地図帳を利用して、地図の見方や用法なども確認することを忘れずに。
日本地理はまず各地域の学習を優先し、その後に地域同士の結びつきなどをまとめていくとよい。
地形図については、縮尺や等高線の見方、距離計算などの基本的な事項をしっかりとたたきこもう

・歴史的分野
各時代の特徴をうまく把握するには、自分で写真やイラストなども用いた年表を作ってみることが大切
世界史についても、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。

・公民的分野
政治・経済・国際のすべての分野が出題されるので、かたよりのある学習は効果がない
教科書や資料集にある模式図や統計表を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解し、統計読解の問題で必ず点を取れるようにしておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 兵庫県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

兵庫県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「地球のすがたと人々の暮らし」「歴史総合問題」「公民総合問題」など必出テーマを解説

もっとみる