香川県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
令和2年度(2020年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

最新の情報は香川県教育委員会のホームページでご確認ください。

香川県の入試日程
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

自己推薦選抜

・願書受付:1月28日(月)、29日(火)

・検査・面接:2月6日(水)

・合格者発表:2月13日(水)

一般選抜

・願書受付:2月19日(火)、20日(水)

・志望変更:2月25日(月)〜27日(水)

・学力検査:3月12日(火)

・適性検査・面接:3月13日(水)

・合格者発表:3月20日(水)

香川県の入試制度
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

調査書

9教科5段階評価の合計を、1年 a (45点満点)、2年 b (45点満点)、3年 c (45点満点)、さらに3年の音楽・美術・保健体育・技術家庭を d (20点満点)として、a + b + 2( c + d )を計算〈計220点満点〉。つまり、3年の主要5教科は2倍、実技4教科は4倍の評価となる。なお、「学習の記録」以外の記載事項についても尊重される。

一般選抜

・学力検査 国語・社会・数学・理科・外国語(英語)各科50分・50点満点

・適性検査 一部の高校において、第2志望者も含めて、適性検査を実施する。

・面接 入学志願者全員に対して実施する。

・入学者の選抜方法 調査書、学力検査の成績、面接の結果等を資料として総合的に判定する。

自己推薦選抜

・検査等 総合問題、作文、適性検査の3種類のいずれか1種類が実施される。

・総合問題:各教科で学習したことを互いに関連づけて考える力や、それを表現する力を問うもので、国語、数学、英語の3教科を出題する。

・作文:実施する学校・学科の特性に応じて定める。

・適性検査:実施する学校・学科の特性に応じて定める。

・面接 入学志願者全員に対して実施する。

・入学者の選抜方法 調査書その他必要な書類、検査の結果及び面接の結果を資料とし、総合的に判定する。面接の結果を選抜の資料とする場合は、志願者の長所が特に顕著に認められる場合、これを評価する。また、特別活動の記録など調査書の学習の記録以外の記載事項及びその他の資料についても、これを十分尊重する。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
香川県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策(一般選抜)

※平成31年7月時点の情報です

英語

長文の割合が高く、総合力が必要!

試験概要

時間:50分 満点:50点

リスニング・会話文・長文総合2題・英作文など大問5題で構成されている。出題内容は、年度によって違う項目もあるが例年ほぼ同じなので傾向はつかみやすい。選択式・記述式の両方が採用されており、記述式の中には、完文で書かせる英作文も見られる

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. リスニング 絵を選ぶ、対話文、応答文、英文と質問が出題されている。 12
2. 会話文〈日本のマンガ〉 応答文選択、強勢語選択、英訳文の適語補充が出題されている。 6
3. 長文総合〈瀬戸大橋〉 整序英作文、適語選択、語形変化、和文英訳が出題されている。 13
4. 長文総合〈ギター〉 条件作文、適語選択、指示語の内容、適語句選択、英問英答、内容一致文選択が出題されている。 15
5. 英作文 条件作文が出題されている。 4
過去3か年の傾向

出題傾向、出題問題数、長文の分量など大きく変更していない。

リスニングは、ビジュアル問題と対話の内容を聞き取る総合問題が特徴的。また、毎年対話文を聞き取り、日本語で答える問題も出題されている。

長文読解では、毎年空所補充の出題が多い。大問3で出題されている長文読解では、語形変化や整序英作文、和文英訳など知識で解ける問題も多いが、大問4で出題される長文読解では、英問英答や指示語の内容を日本記述で答える問題など、内容把握に関する問題が主となっている。

英作文では、毎年、三つのテーマが与えられ、そのうち一つのテーマを選んでそれを説明する文を書かせるものが出されている。

対策

リスニングは、毎年英文の説明に合う絵を選ぶビジュアル問題と対話の内容を聞き取る総合問題が特徴的である。放送文を聞いて、重要な情報を正確に聞き取る練習をしておこう。また、選択肢をあらかじめ読んで質問事項を想定し、キーワードとなる箇所を聞き逃さないようにしよう。

長文読解では、毎年空所補充の出題が多い。文章の前後のつながりや流れを理解する必要がある。それ以外もまんべんなく多くの項目が出題されており、強勢語の選択や整序英作文など内容を把握していなくても解けるものも含まれている。

英作文は、与えられたテーマについて説明させる問題が出されている。あるテーマについて自分の言葉で表現できるように日頃から練習を積んでおこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 香川県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

香川県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「文法問題(長文形式)」の頻出テーマ、「英作文」「リスニング」の様々なパターンを講座で解説!

もっとみる

数学

後半の問題で得点が分かれやすい。前半は確実に取ること!

試験概要

時間:50分 満点:50点

例年大問5問の構成で、前半の3問は独立した小問が各単元から出題される。大問4は長文形式の応用問題が2題、最後の大問5は平面図形の証明問題2題。難問はいくつかに限られるので、50分の時間を有効に使えばじっくりと取り組める。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 独立小問7題 数の計算2題、式の計算、平方根の計算、因数分解、2次方程式、文字式の表し方 13
2. 図形3題 円周角、立体図形の性質と体積、相似の利用 8
3. 独立小問4題 関数のグラフ、確率、資料の活用、放物線と直線 11
4. 方程式の文章題 1次方程式の利用、連立方程式の利用 11
5. 平面図形 相似の証明、線分の長さが等しいことの証明 7
過去3か年の傾向

出題内容や形式がこの数年変わっていないので、それを十分に理解して対策を立てよう。前半3問は独立小問形式で、大問1は計算問題や方程式など数量問題が7題。大問2は図形からの出題で、平面図形2題、立体図形1題。大問3は図形以外の単元から4題。何れも難易度は低め~中程度。出題形式も一般的で、日頃の演習量が反映しやすい設問である。ただし、大問3の最後に答を求める過程を書く設問があることには要注意。

大問4は2019年の1次方程式と連立方程式、2018年の資料の活用と図形、というように出題単元は異なるものの、長い設問文を読んで内容を理解する必要のある思考力問題となっている。大きく2つに分かれた設問で出題されるが、初めの設問は例年難易度が低い。2つめの設問は難易度が高く、点数に差が出るだろう。

大問5は図形の証明問題2題で数年間固定されている。いずれも完文証明で、ひとつは難易度も高め。証明の練習をどれだけこなしてきたかが問われる出題である。

対策

大問1~3で配点の6割を占めていることは重要。どれだけ得点を取れるかが合否の分かれ目とも言える。幅広い分野からの基本的な問題が15問程度出題されるので、全学習単元の基本をきちんと復習しておき、苦手単元をつくらないようにすることが大切。

大問4の思考力問題の対策としては、まずは過去の問題を最低5年分は解いて、問題の特徴を知っておくこと。問題文をじっくりと読んで内容を理解することが求められるが、そのためには高い集中力が必要である。普段の学習においても、試験時間の50分を目安にその間は集中して問題に取り組むといった努力をしておこう。このような問題は他の都道府県でも近年よく出される傾向にあるので、香川県の過去の出題だけではなく他の都道府県のいろいろなパターンの問題で練習しておきたい

最後の大問5で2題出される証明の1つ目は、基本的な合同や相似の証明。証明の書き方の基本をしっかりと理解していれば得点は容易だ。2つ目は難易度が高い。毎日1題は証明問題に取り組むようにして、論理的かつ端的に証明を書く練習を積み重ねておく必要がある。証明問題は部分点も与えられるので、手つかずのままにはしないように、時間配分に注意しよう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 香川県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

香川県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「合同の証明」「相似の証明」は STEP 3まで挑戦!うまく講座をチョイスして苦手分野を克服しよう!

もっとみる

国語

バランスのとれた読解力と記述力を身につけよう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

大問は小説・古文・論理的文章・作文の4問構成である。小問数は25問程度。文章量も難度も標準的であるが、長文中で長めの記述式が2~3問あるのに加え、作文は250字程度が出題されており、時間配分には注意が必要。なお、長文中では国語の知識問題も幅広く出題されている。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 小説〈「百年後、ぼくらはここにいないけど」長江優子〉 漢字の読みがな(4問)、動詞の活用形(選択式)、理由説明(適語挿入型で抜き出し式2か所)、心情把握(選択式)、表現把握(抜き出し式)、心情把握(55字程度の記述式)、適語挿入(選択式)、心情把握(選択式) 15
2. 古文〈「仮名世説」〉 口語訳(選択式)、現代かなづかい、内容把握(記述式)、会話文把握(抜き出し式)、要旨把握(選択式) 8
3. 論理的文章〈「パラレルな知性」鷲田清一〉 漢字の書きとり(4問)、内容把握(適語挿入型で抜き出し式2か所)、内容把握(適語挿入型で50字以内の記述式)、「に」の用法(選択式)、内容把握(50字以内の記述式)、内容把握(選択式)、適語挿入(選択式)、脱文挿入(選択式)、要旨把握(選択式) 19
4. 作文 課題作文(150~250字程度) 8
過去3か年の傾向

大問1が小説、大問2が古文、大問3が論理的文章、大問4が作文の4問構成で特に変化は見られない。

大問1は、主人公が小学生・中学生である素材文が使われており、読みやすい。また、はじめに登場人物や状況に関する場面説明が詳しく書かれている。記述問題は、心情に関するものである場合が多く、解答の書き出しが指定されている。

大問2の古文では、会話文指摘の問題が例年出題される。また最後の設問は要旨把握の選択問題である。

大問3の論理的文章は、抽象度のやや高い難しい内容のものが好まれる。記述問題では使用する語句の指定、あるいは書き出しの表現の指定がされている。本文全体の内容をまとめるというより、区切られた範囲の内容をまとめるものが多い。大問4の作文は、「クラスで○○を考えることになった」という状況設定での出題がされている。自分の体験や具体例を示しながら、意見とその理由を明確に述べるものである。部分的な書き直しの際には、「ますめ」にとらわれなくてもよいという指示があるのが特徴的。

対策

長めの記述式や作文問題が必須となるので、日頃からしっかりと書くことに慣れておく必要がある。もちろんそれにはきちんとした読解力も求められるので、努力を怠らないように!小説の場合は、舞台背景や人間関係を把握してから読み進めるようにする。論理的文章では、何度も繰り返される語句や表現をおさえて、筆者の主張をつかむ。それらを意識すれば、必然的に問題を解くこともスムーズに進められるようになるだろう。

古文の場合は、注釈だけでなく問いの中にも誘導や説明があるので、参考にしながら読み進めるとよい。会話文を指摘する問題が必須だが、話の流れがつかめれば難しくないはずだ。

作文は、考えやすい題材だからといって油断することなく、書き終えてもしっかりと読み直して推敲しよう

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 香川県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

香川県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「物語・小説の読解」「論理的文章の読解」「課題作文」の講座で、記述問題や作文の書き方に慣れておこう!

もっとみる

理科

苦手単元を克服し、いろいろな出題形式に対応できるようにしておこう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

例年、全体の構成は大問が4つで、大問1は地学、大問2は生物、大問3は化学、大問4は物理分野から出題されている。
小問数は40~45問程度と比較的多く、記号選択の問題だけでなく、語句記述、計算、作図、短文記述も多く出題されているので、時間に決して余裕はないだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 地学分野 火山、気象観測・大気中の水についての問題(記号選択6問、作図1問、短文記述2問) 12
2. 生物分野 血液循環、生殖、光合成についての問題(記号選択6問、語句記述2問、計算1問、短文記述4問) 13
3. 化学分野 マグネシウムと酸、マグネシウムの酸化、状態変化についての問題(記号選択5問、化学反応式1問、計算1問、短文記述2問) 11
4. 物理分野 物体の運動とエネルギー、光の性質、電流回路・消費電力についての問題(記号選択7問、計算4問、グラフ作成1問) 14
過去3か年の傾向

各大問は、さらに2~3つの単元に区切られ、実質的には10単元からの出題になっており、中学校の学習内容から幅広く出題されている。

グラフ作成の問題が例年出題されており、近年、グラフの値を書かせるものに変化している。

短文記述の問題が多く出題されており、定番のものもあるが、現象や実験・観察を理解していないと書けないものも出題されている。短文記述の出来によって、点数に差がつくだろう。

対策

全体として、中学校の学習内容から幅広く出題されているため、苦手単元があると、大幅に得点が下がってしまう可能性が高くなる。意識して、苦手単元を克服しておこう。

グラフの値を書かせるグラフ作成の問題が出題されている。普段から値が与えられたグラフに書き込む練習だけしていても、いざ自分で値を書くとなると意外と書けないことが多い。意識して値も書く練習をしておこう。

短文記述の問題が多く出題されており、定番のものだけでなく、現象や実験・観察を理解していないと書けないものも出題されているため、様々なパターンの短文記述の問題を練習しておく必要があるだろう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 香川県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

香川県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「仕事とエネルギー」「植物のつくりとはたらき」「太陽・星座の動き」など頻出を解説!

もっとみる

社会

基礎的内容の理解を徹底し、論述問題にも対応できるように!

試験概要

時間:50分 満点:50点

過去3年間の大問数は3、小問数は45前後。
試験時間に対する問題数は多めで、論述問題も含まれているので、テンポ良く解答していかないと、時間が足りなくなることもあるだろう。確実に解答できる問題から進めていくといった柔軟さが必要。

作図問題が出される年度もあるので、十分な対策を立てておき、なるべく短時間で解答できるようにしておこう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 公民(総合) 政治・経済のしくみと現代社会の課題(記述3題、選択7題、論述3題) 15
2. 日本史(総合) 各時代のあらまし(記述4.5題、選択10.5題、論述2題) 18
3. 地理(総合) 地図や統計から見た世界と日本(記述6題、選択6題、論述1題、作図1題) 17
過去3か年の傾向

・大問1で公民的分野について出題される。
政治・経済・国際の各分野について、基礎的内容が問われている。
グラフや表、模式図・写真などを用いた問題が多いことが特徴的。

・大問2で古代から現代までの歴史が日本史を中心に出題される。
略年表や写真・会話文などが示され、これらの内容についての関連事項が問われている。
世界史の知識が試される問題もあるので対策を立てておこう。

・大問3で世界地理・日本地理について出題される。
世界地理・日本地理ともに、地図や統計・グラフの読み取り問題なども多く含んだ出題となっている。
地図を用いた作図問題が出されることもある。
日本地理では地形図の問題が必ず出されているので、準備を怠らずに。

対策

・地理的分野
世界地理・日本地理ともに産業・自然・暮らしなどのテーマを設定し,そのテーマに関する知識を確実にしていこう。その際には,地図帳を利用することを忘れずに。
資料集を活用すれば、雨温図や貿易・産業についての統計を使った問題にも強くなれる。

・歴史的分野
年表を使った問題に強くなるには、まずは自分で写真やイラストなども用いた年表を作ってみることが大切
世界史についても、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。

・公民的分野
政治・経済・国際のすべての分野が出題されるので、かたよりのある学習は効果がない
教科書や資料集にある模式図や統計表を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解しておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 香川県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

香川県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「地理総合問題」「歴史総合問題」「公民総合問題」など必出テーマを解説

もっとみる