追手門学院大学

  • 547人が検討中

地域創造学科

大阪

4コース制にリニューアル!「体験学習」を軸に展開するプログラムで“まちづくりのプロ”をめざす!

募集人数 230
初年度納入金 121.2 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

追手門学院大学 地域創造学部 地域創造学科 のコース

学科・コース名 募集人数
地域経済・事業創造コース
観光・まちづくりコース
都市文化・文化創造コース
食農マネジメントコース
2020年4月設置予定

追手門学院大学 地域創造学部 地域創造学科の特長

理論と実践を繰り返し、”まちづくりのプロ”をめざす4コース

生活、経済を支える食文化・ビジネスを学ぶ「食農マネジメントコース」、地域住民の生活と密接に関係する行政を学ぶ「地域政策コース」、土地の魅力や個性を生かしたビジネスを考える「観光コース」、街並みや住みやすさを考える「地域デザインコース」の4領域から、まちづくりの面白さを学びます。

2020年4月、新コース「食農マネジメントコース」がスタート!(予定)

「食農マネジメントコース」では、食品メーカーや自治体とのコラボ授業などを取り入れ、商品開発や農業ビジネスを体験することで“まちづくりのプロ”のスキルを養っていきます。ほか3コースでもこれまでに培った地域とのネットワークをさらに拡大し、実践的な「地域とともに生きる」プログラムを用意します。

1年次:地域創造学のフィールドの多様さを学び、自分の興味や適性を見つける授業構成

入学直後に実施する宿泊型フィールドワークでは、調査・研究する立場から地域を「見る目」と、そこにある資源や課題に「気づく心」を養うきっかけとします。教員がリレー形式で授業を行う「地域創造学入門」で地域創造学のフィールドの多様さを発見し、秋学期のフィールドワークで2年次以降の礎となる体験を積み重ねます。

地域との連携で実践力を鍛えるプロジェクト

「村づくり支援プログラム」では夏の約10日間、少子高齢化・人口減少が進む人口2800人に満たない岩手県普代村に滞在して対策を検討。年度末には、報告会の場で、交流人口・関係人口の拡大に向けて、モノではなく価値を返礼する「ふるさと納税」などを提案しました。

2019年春オープンの新キャンパスで4年間を過ごす

2018年開業のJR総持寺駅から徒歩約10分の場所に新たな「茨木総持寺キャンパス」が2019年春にオープン。図書館・屋上庭園・食堂などを完備した新キャンパスが、地域創造学部生の4年間の拠点となります。

追手門学院大学 地域創造学部 地域創造学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:公務員、警察官、旅行会社、銀行などの地域に密着したエキスパート

追手門学院大学 地域創造学部 地域創造学科の問合せ先

追手門学院大学 地域創造学部 地域創造学科お問い合わせはこちらへ

〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL072-641-9165
nyushi@otemon.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。