追手門学院大学

  • 571人が検討中

地域創造学部

大阪

4コース制にリニューアルした地域創造学科で「好きなこと」、「将来やりたいこと」を軸にコースを選んで、“まちづくり”のプロになる。


学科・コース名 募集人数
地域創造学科 230

追手門学院大学 地域創造学部の特長

食農マネジメントコース

・「食」と「農」をテーマにビジネスを学ぶ ・食品メーカーや自治体とのコラボ授業
・食品開発、農業ビジネスを実際に体験する
※2020年4月新設コース。内容は予定であり、変更する可能性があります

地域政策コース

・地域の経済と行政の仕組みを知る ・地域住民の声を聞き、問題を発見する
・問題を解決する企画を考え、実行に移す

観光コース

・観光とまちづくりの基礎知識を身につける ・ケーススタディ(事例研究)を通して、専門知識を学ぶ
・自分たちで企画を立て、チームで「観光事業」に取り組む

地域デザインコース

・街並みや伝統産業など、地域に根ざした文化を知る
・同時に、アートから福祉まで、さまざまなアイデアを学ぶ
・地域の文化とアート・福祉を組み合わせた企画を実践する

ゼミ(2018年度実績)

地域創造学部の「地域と関わる学び」は、1年秋学期の「地域創造実践演習(入門)」の授業から本格的にスタート。2年次からより深く現地調査を進めて行くために、フィールドワークの基本的な心構えや技法を身につけることを目指す入門クラス(必修)です。また、地域の魅力や課題を見つけだし、魅力の発信や問題解決に取り組むには、まず自分自身がその地域や課題に関心を持つことが必要です。その最初の練習は、1年次の春学期に「地域創造実践演習(入門)」のプログラム(クラス)を選ぶことで、学生たちが学びたいと思うプログラムに希望を
出し、実践的な学びに取り組みます。

フィールドワーク

大学を起点に、大阪・京都・神戸などの各地でフィールドワークを行っています。
事例:京都「伝統産業から観光産業へ」 入念な下調べののち、現地を訪れます。
京町家が並ぶ通りや祇園の街並みを現地調査し、レポートを作成。最後は発表を行ないました。

地域との連携

「村づくり支援プログラム」では夏の約10日間、少子高齢化・人口減少が進む人口2800人に満たない岩手県
普代村に滞在して対策を検討。年度末には、報告会の場で、交流人口・関係人口の拡大に向けて、モノではな
く価値を返礼する「ふるさと納税」などを提案しました。

追手門学院大学 地域創造学部の問合せ先

追手門学院大学 地域創造学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒567-0018 大阪府茨木市太田東芝町400-6
072-641-9165 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。