建築学部

石川

人間が住まいし、活動する、安全・快適で持続可能な環境を創生できる人材を目指す。


学科・コース名 募集人数
建築学科 200

金沢工業大学 建築学部の特長

建築デザインコース

時代性や社会の要求や人々のライフスタイルに合った建築を設計・提案するのが建築家の大きな役割です。建築デザインコースでは、設計図を描いたり模型をつくったり手を動かしながら考える授業を通して、住宅やインテリアなどの小さな建物から公共建築物等の大きな建物まで、使いやすく美しい建築をデザインする能力を身につけます。また、街並みや地域の活性化・再生の手法を学びます。

建築エンジニアリングコース

建築に欠かせない快適さや安全性について学びます。快適な建物を実現するには、音・光・熱・空気・エネルギーなどさまざまな側面について理解する必要があります。また、地震大国の日本において建物の耐震性は必須です。安全な建物を建てるためには、建物の力学的な理解も欠かせません。授業では、建築空間の心地良さを調べたり、力の流れや破壊のメカニズムなどを学びます。

学生の活動

RDAプロジェクトでは、学生自身がキャンパス周辺のアパートのリノベーションに参画。学生のニーズに合った部屋を大家さんと相談しながら、デザイン、予算調整、プレゼン、実際の改修工事まで、専門家の指導のもとすべてを学生が考えます。学生たちが設計デザインを手がけた新築の学生アパートが完成しています。学生たちが能登半島の古民家を改修した「しお・CAFE」が2015年度グッドデザイン賞を受賞しました。設計はもちろん施工にも学生が参加。能登半島の限界集落にオープンしたカフェは県外からも人が訪れる人気店です。

地域防災環境科学研究所

KITの建築学の研究拠点で、最新の耐震構法の開発や自然エネルギーを活用した次世代建築などの研究が行われています。降雨実験装置や造波水槽を備えた「水理実験室」、振動台加振実験を行う「構造実験室」、日射模擬照射装置を備えた「日射人工気象室」、屋上緑化や地中熱利用冷暖房の研究も可能な実験装置を備えています。

キャンパス

建築を学ぶ学生にとって、キャンパスそのものが生きた教材です。「金沢工大キャンパス北校地」は日本建築学会作品賞を受賞しています。また、歴史都市“金沢”は建築を学ぶには魅力の多い土地です。木造建築の構造や修復技術を学べるだけでなく、最先端の現代建築も多く、それらを同時に学ぶことができるのがKITの特長です。

金沢工業大学 建築学部の問合せ先

金沢工業大学 建築学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
076-248-0365

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。