東京工科大学

  • 735人が検討中

デザイン学部

東京

デザインの学びを通し、問題解決力に秀でたさまざまな分野で活躍できる人材になろう!

募集人数:200

初年度納入金:183.33 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
デザイン学科 200

東京工科大学 デザイン学部の特長

デザイン学部

視覚デザイン専攻に加え、インテリアや雑貨、電子機器などのデザインや空間演出などを学ぶ工業デザイン専攻を設置。感性演習とスキル演習を融合させたユニークなカリキュラムと、各コースの専門的な学びにより、いずれの専攻コースも将来、デザイン専門職だけでなく、幅広く活躍できる人材を育成します。

◆視覚デザイン専攻(2020年4月新設)

[視覚伝達デザインコース/視覚情報デザインコース]
さまざまなメディアにアプローチし、社会におけるコミュニケーションのための視覚表現を発信します。広告、エディトリアル、イラストレーション、映像などを学ぶ「視覚伝達デザインコース」と、Web、マテリアルデザイン制作、GUI構築、3DCGなどを学ぶ「視覚情報デザインコース」を設置します。

◆工業デザイン専攻(2020年4月新設)

[空間演出デザインコース/工業ものづくりデザインコース]
社会とデザインの関わりを理解し、人々の暮らしに役立ち、生活を豊かにするプロダクトや空間の創出をめざします。VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、プロジェクションマッピングなどを導入した新しい演出を学ぶ「空間演出デザインコース」と、IoTなど先端技術を活用した工業デザインを学修する「工業ものづくりデザインコース」を設置します。

カリキュラム

造形とデザインの基礎をはぐくむ「感性演習」と、ディジタルな表現技術などを身につける「スキル演習」が融合したカリキュラムを展開。また、専門的な演習においては、2年次に専攻内の2コースに関するテーマを学んだうえで、3年次より自身の専門分野(コース)を定めて学修します。卒業後、デザイン専門職に限らず、あらゆる業界で活躍できる問題解決力をはぐくみます。

感性演習

デザイン学部では入学後にじっくり感性を磨くカリキュラムを整えています。造形基礎「描く」「つくる」、デザイン基礎「伝える」「関係づける」を体系的に組み合わせて、デザイン分野に必要な感性を養う科目を1・2年次で集中的に学修。数々のチームでの制作も経験しながら、モノの本質を感じる力、表現する力を修得します。

スキル演習

表現技術を身につけるスキル演習は2年次からスタートします。視覚分野・映像分野・空間分野・工業デザイン分野などに応じたディジタルスキルを中心に構成。Webデザイン、DTP、画像加工、イラストレーション、工業系製図のスキルなどを履修。感性をイメージ通りに表現するための技術と、希望する専門分野に必要な表現技術の両方を身につけます。将来、どのようなチカラを生かして活躍したいかを意識したスキルを身につけることが可能です。

東京工科大学 デザイン学部の入試情報

東京工科大学 デザイン学部の問合せ先

東京工科大学 デザイン学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒144-8535 東京都大田区西蒲田5-23-22
0120-444-925 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。