茨城キリスト教大学

  • 293人が検討中

心理福祉学科

茨城

心理と福祉をバランス良く学び、真のスペシャリストをめざす。

募集人数 60
初年度納入金 129 万円(学納金のみ)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

茨城キリスト教大学 生活科学部 心理福祉学科の特長

福祉の専門知識の習得はもちろん、心の通った人間への深い理解を図ります

人口の高齢化、いじめなど、社会がさまざまな問題を抱える現代。人々は物質的にも精神的にも多くのストレスにさらされています。本学科ではこうした人々を支援するエキスパートを育成。福祉の専門知識の習得はもちろん、心の通った人間への理解を大切に心理・福祉などの知識を総合的に学びます。

福祉と心理を相互に学び、幅広い知識と高い専門性を持つプロフェッショナルを育成します

1年次には福祉と心理の基礎を学ぶと共に、少人数の演習方式で大学での学習方法を習得。2年次には自己理解や職業理解に努めます。3年次からは実習や演習をとおして専門の知識を深めます。卒業後は、ソーシャルワーカーや心の専門職としての活躍をめざします。

ソーシャルワーカーとしての心構えを形成する「相談援助技術総論I・II」

生活のさまざまな不安や困りごとを支援するソーシャルワーカー。この授業では人と関わる際に必要なコミュニケーション基礎技術をはじめ、ソーシャルワーカーの相談援助技術を具体的に学びます。

心理学・社会福祉学の学びを活用する「心理福祉実習指導I・II」

3日間のボランティア体験、5日間の実習体験を行う「心理福祉実習」の事前・事後を指導します。それまで学んできたことを活用できるよう準備し、体験後は振り返り作業を通じて理解を深めます。

心理学の各種研究法について理解を深める「心理学研究法I・II」

疑似データを用いて心理学的な研究を実施する演習形式の授業です。チームで研究テーマの決定、研究計画の立案、統計解析、結果の考察、さらに研究成果発表やレポート作成まで行います。

カウンセリング研究室は、日本におけるロジャース派カウンセリングの草分け

カウンセリング研究室は1955年の設立。当時の学園総長、ローガン・ファックスがロジャース派のカウンセリング理論を紹介した草分けとも呼べる場所。現在もこの研究室が実施する宿泊形式のワークショップや公開セミナーは、カウンセラーをめざす学生にとって貴重な経験の場となっています。

茨城キリスト教大学 生活科学部 心理福祉学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:特別養護老人ホーム銀砂台、高齢者複合施設サクラーレ福住、障がい者支援施設ユーカリの里、障害者支援施設あすなろの郷、障害者支援施設あいの家、障害児支援施設上の原学園成人寮、児童養護施設内原和敬寮、児童養護施設誉田養徳園、児童養護施設つくば香風寮、児童養護施設茨城育成園、児童養護施設みどり園、指定障害児通所支援事業所童夢、水戸中央病院、聖麗メモリアル病院、志村大宮病院、アースサポート、アインホールディングス、カワチ薬品、カスミ、水戸プラザホテル、茨城トヨペット、日本郵政、茨城県信用組合、水戸信用金庫、特定非営利活動法人日立太陽の家、常陸太田市社会福祉協議会(社会福祉士)、茨城県(福祉職)

茨城キリスト教大学 生活科学部 心理福祉学科の問合せ先

茨城キリスト教大学 生活科学部 心理福祉学科お問い合わせはこちらへ

〒319-1295 茨城県日立市大みか町6-11-1
フリーダイヤル0120-56-1890
nyushi@icc.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。