経営学科

茨城

豊かな教養や人間性と、幅広い経営学の知識、専門性を身につけ、社会活動に貢献できるビジネスリーダーを育成。

募集人数 60
初年度納入金 129 万円(学納金のみ)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

茨城キリスト教大学 経営学部 経営学科の特長

ビジネスに必要な基礎力と、即戦力として活躍するためのビジネススキルを修得

ビジネスリーダーに不可欠な問題解決能力やコミュニケーション能力をバランスよく学んだうえで、「マネジメント」「会計・ファイナンス」「地域イノベーション」の3分野から、経営の専門知識や能力をさらに磨きます。

経営戦略や経営管理などのマネジメント全般につながる「リーダーシップ演習I~III」

この授業は、学年に応じた課題を学生に与え、その課題を学生たちが協力し合ってクリアしていくという演習形式で行っています。演習を通じ、それぞれが試行錯誤しながら自分の特性を見極め、他人任せではなく、チームの中で自分はどのような貢献ができるかを学び、自発的に問題を解決する力を育てます。

会社の動きを数値でとらえ、企業と社会のつながりを理解する「会計学入門I・II」

株主、従業員、債権者など、企業と関係を持つ人々は、企業の経営成績などに関する情報を必要としています。この授業では、貸借対照表や損益計算書などの会計書類による情報提供について学びます。会計を学ぶことで、企業と社会とのつながりが理解できます。

教員がアドバイザーとなり、学生の資格取得を徹底的にサポート

早期からキャリア意識を高め、資格取得等においては、教員がアドバイザーになり、簿記検定、TOEIC(R)LISTENING AND READING TEST対策、教職、SPI対策などの指導を行っています。さらに意欲のある学生には日商簿記1級、税理士や公認会計士などの国家資格取得に向けた指導も行います。

地元企業との連携による各種制度を通して、地域経済の発展に貢献する人材を育成

地域企業や行政機関との連携により、企業の方々による講義、企業見学、インターンシップなどをとおして、実社会を理解する実践的な学びのチャンスを用意。こうした学びは学生の地域社会への関心や愛着を高めると同時に、地域社会からも高い信頼を得る機会になり、地域への就職へとつなげていくことが期待できます。

充実した留学プログラムで、国際的な価値観を身につける

協定を結んだ世界17か国28大学への約1年間の交換留学、春・夏期休暇を利用する2~4週間の海外語学研修があります。留学制度の利用だけでなく、「バディシステム」という留学生支援のボランティア活動もあり、学内でも多種多様な人種、価値観にふれることができます。

茨城キリスト教大学 経営学部 経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:常陽銀行、茨城県信用組合、水戸信用金庫、日立保険サービス、日本郵便、茨城日産自動車、スズキ自販茨城、トヨタ部品茨城共販、関彰商事、一誠商事、沼尻産業、NTT東日本-南関東、シースリー、テクノプロ・エンジニアリング社、アイ・イー・シー、香陵住販、茨城グランディハウス、キユーピー醸造、カスミ、ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸、メガネスーパー、日宣メディックス、全国農業協同組合連合会茨城県本部、水戸農業協同組合、常陸農業協同組合、なめがたしおさい農業協同組合、東海村役場

茨城キリスト教大学 経営学部 経営学科の問合せ先

茨城キリスト教大学 経営学部 経営学科お問い合わせはこちらへ

〒319-1295 茨城県日立市大みか町6-11-1
フリーダイヤル0120-56-1890
nyushi@icc.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。