滋賀県立大学

  • 999人が検討中

材料科学科

滋賀

原子・分子に対する化学的理解を基盤に、自然環境と調和しながら人間の生活を豊かにする新材料の研究開発を行う

募集人数 50
初年度納入金 81.78~101.88 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

滋賀県立大学 工学部 材料科学科の特長

金属、セラミックス、高分子…、既存の枠を超えた材料開発に必要な知識・技術・アイデアを体得

地球環境を考えた循環型社会における材料開発には、材料に関する広範な知識と原子や分子についての化学的理解、ブレイクスルーを達成する斬新なアイデアが必要。本学科では様々な材料について総合的に学ぶとともに実験・演習により知識を体得。課題を見つけ、その解決ができる研究者・技術者を目指す。

実験・演習を重視した実践的な教育カリキュラムを通じて、鋭い観察眼と柔軟な発想力を養う

1年次には材料科学への入門として、数学や物理学、物理化学などの基礎を固め、2年次からは物理化学、無機化学、有機化学等の専門科目を学習。3年次からの実験・実習で種々の材料特性の基礎を学び、4年次には本学科の様々な共同研究装置を用いて、学生一人ひとりが異なる研究テーマで卒業研究に取り組む。

それぞれの材料についての基礎知識を重点的に学ぶ授業「高分子合成」「セラミックス材料」

「高分子合成」の授業では、身近な高分子材料の合成法について学習。代表的な重合機構を理解し高分子の特徴と関連づける。「セラミックス材料」の授業では、材料の構造・物性・作製プロセスの基礎を学習。物理化学と無機化学に基づき、原子やイオンの化学結合や電子構造の理解に重点を置きながら学ぶ。

講義で学んだ内容をより深く身につける二つの演習科目「有機化学演習」「物理化学演習」

本学科では有機化学・無機化学・物理化学を中心に据え、系統的に講義を進めている。その授業内容をより深
く体得するために様々な演習科目を用意している。「有機化学演習」「物理化学演習」では、少人数に分かれ
て、講義の内容とリンクした練習問題を実際に解くことで、実践的・効果的な学習を行う。

自然と調和し人間生活を豊かにする斬新な無機・有機材料の研究開発

地球環境の保全を考えた循環型社会の構築に貢献することを目的として、材料化学に立脚した基礎・応用研究を行う。研究分野は、金属材料、有機複合材料、セラミックス材料、高分子機能設計、エネルギー環境材料、有機環境材料と多岐に渡る。無機材料から有機材料までを包括的に取り扱い、高機能性の材料の開発を目指す。

滋賀県立大学 工学部 材料科学科の入試情報

入試一覧

滋賀県立大学 工学部 材料科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)アイ.エス.テイ、(株)アルプス技研、石原産業(株)、(株)エスケーエレクトロニクス、オリベスト(株)、カンケンテクノ(株)、岐阜プラスチック工業(株)、京セラドキュメントソリューションズ(株)、共和産業(株)、互応化学工業(株)、三恵工業(株)、豊田合成(株)、(株)トラスト・テック、日本高周波鋼業(株)、日本精化(株)、(株)日本サンガリアベバレッジカンパニー、日立化成(株)、福田金属箔粉工業(株)、フジテック(株)、ブリヂストンケミテック(株)、(株)プリントパック、古河AS(株)、(株)堀場エステック、三菱電機住環境システムズ(株)、三ツ星ベルト(株)

滋賀県立大学 工学部 材料科学科の問合せ先

滋賀県立大学 工学部 材料科学科お問い合わせはこちらへ

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
TEL/0749-28-8217
E-MAIL/nyushi@office.usp.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。