国際コミュニケーション学科

滋賀

国際化する社会で活躍できる人材の育成。「英語プラスワン」を合言葉に国際的感覚とコミュニケーション能力を磨く

募集人数 50
初年度納入金 81.78~101.88 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

滋賀県立大学 人間文化学部 国際コミュニケーション学科の特長

英語ができることに加えて、さらに何ができるかが問われる国際社会のニーズを満たす学びを展開

本学科では「英語プラスワン」を合言葉に、英語以外の言語(ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語、モンゴル語)もしっかり学習し、国際社会で通用するレベルの外国語の運用能力を習得。また、海外留学などを通じて実践的な語学力や行動力、異文化を正しく理解するための国際的感覚や幅広い視野を身につけることも目指す。

言語の習得にとどまらず、その背景にある社会・歴史・文化についても学び、ゼミでの研究に繋ぐ

国際的視野を身につけるために「言語」、「多文化」という2つの分野のコミュニケーション科目群から履修。2年次より始まる少人数制のゼミ指導で留学と卒業研究を支援。1年次から英語や第2外国語を集中的に学習し、2年次後期からの海外留学も活かしてコミュニケーション能力の向上を図る。留学しても4年で卒業が可能。

常識の自明性について再考。あたりまえ的な思考からの脱却を目指す授業「文化人類学概論」

異文化理解のための学問であると同時に、自文化理解のための学問でもある文化人類学の入門的な講義科目。日本の常識は世界の非常識と言われることもあるが、果たして自分の身の回りの常識は本当に常識なのか?この授業では、こうした常識の自明性について再考し、「あたりまえ」的な思考からの脱却を目指す。

各国の歴史や社会、文化への知識・理解を深める「アジア文化論・欧米文化論」「多民族社会論」

アジア・欧米諸国の歴史と社会、思想、芸術等への知識と理解を深める授業「アジア文化論・欧米文化論」では、日本文化との相互影響にも注目。また「多民族社会論」の授業では、北米・中南米、中国、日本等を多民族社会の観点から考察。多民族・多文化化する現代社会や地域社会の課題に対応できる「知と実践力」を養う。

学科教員が研究対象としている地域の言語、文学、文化、思想、社会、歴史などに関する事象

応用言語学、言語学、英文学、文化史、思想史、近現代史、文化人類学を研究分野にもつ教員の指導のもとで、それぞれの学問領域における調査方法(文献調査、アンケート調査、現地調査など)やアプローチの仕方を学び、あらゆる事象を研究対象とする。その際、問題を発見し、論点を整理し、解決の糸口を探る方法を習得する。

滋賀県立大学 人間文化学部 国際コミュニケーション学科の入試情報

入試一覧

滋賀県立大学 人間文化学部 国際コミュニケーション学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)アルファシステムズ、(株)一条工務店、(株)インフィニ トラベル インフォメーション、(株)永昌堂印刷、キャセイパシフィック航空、(株)京都東急ホテル、京阪ホテルズ&リゾーツ(株)、滋賀医科大学、島田商事(株)、神栄(株)、(株)ジンズ、(株)たねや、(株)デイリー・インフォメーション関西、(株)電算システム、(株)トムス・エンタテインメント、TOWA(株)、(株)日新、日本航空(株)、パナソニック(株)、阪和興業(株)、(株)福屋ホールディングス、(株)フューチャースピリッツ、古河AS(株)、ホソカワミクロン(株)、(株)ホテルニューアワジ、(株)堀場製作所、朝来市、和泉市、岡山県教育委員会、京都市、滋賀県教育委員会、長浜市

滋賀県立大学 人間文化学部 国際コミュニケーション学科の問合せ先

滋賀県立大学 人間文化学部 国際コミュニケーション学科お問い合わせはこちらへ

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
TEL/0749-28-8217
E-MAIL/nyushi@office.usp.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。