国際医療福祉大学

  • 685人が検討中

作業療法学科

神奈川

障害を持ちながらも自分らしく、住み慣れた場所でいきいきとした生活が送れるようサポートできる作業療法士を養成。

募集人数 40
初年度納入金 160 万円(入学金30万円含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 作業療法学科の特長

充実の演習と実習で、知識を実践的に身につける

1年次の人体解剖見学実習や各種演習をはじめ、年次が進むにつれて、演習や実習の数が増え、身体的、精神的、発達的な側面からの理解を深めていきます。3年次からはいよいよ臨床実習が開始。学んだことを臨床で確認し、臨床で思ったことを授業で調べていく「授業と臨床が連携した教育」が本学科の特徴です。

6つの附属病院をはじめとする豊富な臨床実習施設

医療福祉系の大学において臨床実習施設は何よりも重要。本学は国際医療福祉大学熱海病院(静岡県)や国際医療福祉大学三田病院(東京都)など6つの附属病院に加え、多数の関連施設、学外実習施設と連携。早い段階から臨床実習を重ねることで、高い専門性を着実に身につけることができます。

就職率は100%

2019年3月卒業生の就職率は100%を達成しました(就職者数39人)。卒業後は、病院、行政機関、介護老人保健施設、福祉施設などで活躍。また、本学はWFOT(世界作業療法士連盟)認定校であり、世界中の加盟国のどこでも作業療法士として認められます。

作業療法士国家試験合格率95.1%

3年次の冬休みから学内模擬試験を10回以上実施。4年次からは個別の指導や国家試験対策講座、また学生同士で教え合うグループ学修体制の整備など、受験勉強への意欲をかき立てる施策を実施しています。2018年度の作業療法士国家試験合格率は95.1%(39人合格、全国合格率71.3%)。

学生生活を送るのに理想的な環境

小田原キャンパス本校舎はJRと私鉄の計5路線が乗り入れる「小田原駅」から徒歩3分の場所にあり、通学に大変便利です。また、本校舎近くの旧小田原城内高等学校跡地にグラウンドとクラブハウス、体育館を整備し、2016年4月に城内校舎が完成しました。小田原キャンパスの学修環境はますます充実しました。

心身に障害を持つ方の心に寄り添い、サポートする、作業療法士を養成

作業療法は、体、心、脳機能(高次脳機能)に障害を持つ方の治療を医師の指導の下で行い、日常生活・社会生活を営むことができるように訓練を行います。本学科は、心身に障害を持つ方の心に寄り添い、障害を持ちながらも自分らしく、いきいきとした生活を送れるようサポートできる作業療法士を養成します。

国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 作業療法学科の入試情報

国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 作業療法学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:国際医療福祉大学附属・関連施設、小田原市立病院、厚木市立病院、箱根病院、静岡市立静岡病院、静岡市立清水病院

国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 作業療法学科の問合せ先

国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 作業療法学科お問い合わせはこちらへ

〒250-8588 神奈川県小田原市城山1-2-25 (本校舎)
TEL 0465-21-0361 (小田原キャンパス入試事務室)
E-mail   od-nyushi@iuhw.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。