視能療法学科

岡山

視覚の状態の科学的分析をはじめ、視機能の病態評価を行い、リハビリテーションの理念を備えた視能訓練士を養成

募集人数 40
初年度納入金 170 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

川崎医療福祉大学 リハビリテーション学部 視能療法学科の特長

「見る」ことの成り立ちと、これらの障がいに対するリハビリテーションを科学的に学修

「見る」ことの成り立ちと障がいに対するリハビリテーションを科学的な方法で学修し、視能障がいの検査及び症状の分析を正しく行うための知識と技能を修得。患者さんに寄り添い、患者主体の医療を行うため、医師の指示のもと関連する他職種と連携し、治療にあたることができる協調性とコミュニケーション能力を育てます。

視能矯正においてコミュニケーションを支える知識と技術を身につける

視能訓練士に必要なコミュニケーションを支える知識と技術を修得。眼・耳・鼻・口腔などの器官における生理や病理を学んで、感覚をつかさどる脳について理解します。さらに教養科目や研究を通して豊かなコミュニケーション能力も身につけられます。

第一線で活躍する医療人に学び、医療現場に密着した環境で確かな実践力を磨く

大学での授業をはじめ、現場実習を担当する先生の多くは川崎医科大学附属病院で活躍する現役の医療スタッフ。豊富な臨床経験をもとに、実際の医療現場での対応や判断、医療人としての姿勢を伝えています。高度化・複雑化が進むチーム医療の「今」を知る教員によるきめ細かな指導で、現場で活きる知識とスキルを修得します。

2年次より始まる実習を通して、段階的に基本技能とチーム医療を学ぶ

2年次は川崎医科大学附属病院での見学実習で現場を体感、視能訓練士の役割を理解します。3年次は眼科施設など複数の医療現場を体験し、4年次には6週間の学外研修を2施設で実施。学外研修前には、患者さんへの対応を想定した「客観的臨床能力試験(OSCE)」を行い、検査技能やコミュニケーション能力の向上に取り組みます。

感覚矯正の専門家、視能訓練士として活躍

視能訓練士を育成する4年制大学の養成課程は全国でも少数。感覚矯正を体系的かつ実践的に学んだ卒業生は岡山県内をはじめ、感覚矯正の専門家として全国各地で広く活躍しています。就職率は100%(就職者数31名/2019年3月卒業生)を誇り、高い実績を築いています。※前身である医療技術学部感覚矯正学科・視能矯正専攻の実績

視能訓練士国家資格において、高い合格率を誇ります

1年次から段階的に始まる国家試験対策や豊富な実習により、セラピストに求められる高度な知識と技術を修得。国家試験合格率において高い実績を誇ります。2018年度の視能訓練士国家試験においても合格率100%を達成しました(合格者数33名)。※前身である医療技術学部感覚矯正学科・視能矯正専攻の実績

川崎医療福祉大学 リハビリテーション学部 視能療法学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:三好眼科、ツカザキ病院、高畠西眼科医院、学校法人川崎学園、倉敷成人病センター、香川大学医学部附属病院、広島大学病院、高知大学医学部附属病院、愛媛県立中央病院、市立福知山市民病院、高島眼科、すやま眼科、なかつか眼科、のり眼科、はらだ眼科、出田眼科病院、神戸海星病院、島根大学医学部附属病院、三原医院みはら眼科、北播磨総合医療センター

川崎医療福祉大学 リハビリテーション学部 視能療法学科の問合せ先

川崎医療福祉大学 リハビリテーション学部 視能療法学科お問い合わせはこちらへ

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。