鍼灸サイエンス学科

三重

東西医学の融合による新しい鍼灸学問を修得し、健康づくり・スポーツ・美容に貢献できる はり師・きゅう師を育成

募集人数 30
初年度納入金 140 万円(内入学金20万円、分納方式あり。スポーツトレーナー資格取得に別途9万5000円(予定)が必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 鍼灸サイエンス学科の特長

医療技術系大学の特長を活かし、東西医学の知識・技術を修得

鍼灸とは、「はり」や「きゅう」を用いてツボを刺激し、人間が本来持っている自然治癒力(治ろうとする力)を引き出す医学。将来の統合医療を見据え、幅広い鍼灸治療を学び、新しい分野で活躍できる人材を育成します。2019年4月よりスポーツトレーナー資格をめざせる「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」を開設しました。

既存の鍼灸のイメージを大きく変える「臨床鍼灸学」。鍼灸の幅広い専門領域を学ぶ

3年次に開講される「臨床鍼灸学」では、スポーツ、整形外科、内科、高齢者ケアといった分野はもちろん、美容、耳鼻咽喉科など9つの分野にわたって鍼灸の専門領域を学びます。東洋医学と西洋医学の専門知識を含め、幅広い疾患に対応できる鍼灸師を目指します。

附属の鍼灸院で実習を行い、高度な技術力を修得

東洋医学研究所敷地内に、地域貢献・臨床実習の場として、鍼灸治療センター(施術院)を設置。カリキュラムには、同施設での実践的な実習が組み込まれ、患者さまへの問診・施術の補助などを行い、実践的な鍼灸治療技術を修得。これにより、さらに質の高い技術力を養うことができます。

はり師・きゅう師資格に加え、スポーツトレーナーや健康食品・薬膳に関する資格もめざせる

患部や経絡(ツボ)の状況を観察した上で、鍼を用いて施術する「はり師<国>」、もぐさを用いて施術する「きゅう師<国>」の受験資格を取得。また、「鍼灸・スポーツトレーナー学専攻」では「トレーニング指導者」等の資格取得もめざせます。
※2018年度合格率:はり師96%、きゅう師100%(各25名受験)

高度な医学知識・技術を備えた鍼灸師、創造性豊かな鍼灸医学分野の施術者・研究者を養成

生活習慣病、ストレスによる「こころ」の病など、病状が複雑化している近年において、鍼灸師の担う役割は一層注目されつつあります。三重大学医学部附属病院の麻酔科では、鍼灸が導入されるなど、将来性のある分野です。今後は医師・医療スタッフなど、複数の専門家によるチーム医療の中でも積極的な参加が期待できます。

海外の機関との連携により、世界に通用する人材を育成

本学は、中国の天津中医薬大学と姉妹提携を結んでいます。この提携により1年おきに数日間の自費中国研修(修了証授与)を行っています。また、本学の推薦により毎年1名を天津中医薬大学へ国費留学させることができます。

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 鍼灸サイエンス学科の問合せ先

鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 鍼灸サイエンス学科お問い合わせはこちらへ

〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
TEL059-383-9591(直) 入学課
nyushi@suzuka-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。