臨床検査学科

京都

検査に関わる知識と技術を磨き、医療の最前線で活躍できる臨床検査技師を養成

募集人数 80
初年度納入金 173 万円(うち入学金25万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

京都橘大学 健康科学部 臨床検査学科の特長

多様な検査に関わる知識と技術を磨き、高度に進化し続ける医療を支える臨床検査技師を育成

京都の私立大学では初の設置となった本学科では、医療・検査機関などでさまざまな検査・分析を担い、診断や治療を支える臨床検査技師を育成します。高度に進歩し続ける医療を支える高度な知識と技術を備えるとともに、医療現場で進められている「チーム医療」に貢献できるコミュニケーション能力や高い倫理観を養成します。

特色ある総合大学で「チーム医療」を学ぶ

京都橘大学は、国際・人文・教育・社会・医療の幅広い学びが集う総合大学であり、このメリットをいかし、幅広い教養と視野を身につけることができます。また、看護学科をはじめとした複数の医療系学科があり、多様な医療領域について知識を広げ、臨床現場で求められる「チーム医療」を実践を通じて学ぶことができます。

4年間を通じた総合演習(ゼミ)や、より高度な専門知識を学ぶ演習などが充実

臨床検査を学ぶのに必要なスタディスキルやアカデミックスキルを学ぶ演習、医療現場におけるコミュニケーションスキルやチーム医療を学ぶ演習、臨床検査に関する研究方法を学ぶ演習などを4年間を通じて開講。また、4回生前期には臨床検査技師からステップアップに必要な認定資格を取得するための演習科目を開講します。

「細胞検査士コース」を開講

細胞検査士とは、臨床検査技師の上位資格で、顕微鏡を使って細胞検査を行い、複雑な特徴を持つがん細胞を発見することを業務とする高度な専門職です。この細胞検査士を育成するコースを開講し、臨床検査技師との2つの免許・資格の同時取得をめざすことができます。

国家試験合格率などが証明する高い教育実績で、臨床検査技師(国)資格取得を強力サポート

本学の医療系学科での2019年3月卒業生の国家試験合格率は、看護師100%(卒業生85名全員合格)、理学療法士100%(合格者57名)、救急救命士100%(合格者36名)と圧倒的な実績を残しています。そのノウハウをいかして本学科においても、臨床検査技師(国)や細胞検査士の資格取得に向け、力強くサポートします。

学科誕生にあわせて誕生した学科専用の教室棟「啓成館」

2018年4月の学科開設にあわせ、地下1階・地上4階建ての作業療法・臨床検査学科棟「啓成館」を竣工。病理・微生物・血液・解剖・免疫・輸血など各種検査を行うための設備・機器を備えた実験室や、生理機能検査などを実施できる実習室を設置。また学生が集い主体的な学習を行うラーニングコモンズも設けています。

京都橘大学 健康科学部 臨床検査学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:病院、検査企業、医薬品メーカー、医療機器メーカー、健診センター、行政機関(厚生労働省など)、血液センター、移植関連施設

京都橘大学 健康科学部 臨床検査学科の問合せ先

京都橘大学 健康科学部 臨床検査学科お問い合わせはこちらへ

〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
TEL 075-574-4116(入学課直通)
admis@tachibana-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。