東京都市大学

  • 879人が検討中

情報科学科

東京

コンピュータの可能性を拡大し、より豊かな社会の実現に取り組む人材を育成。

募集人数 100
初年度納入金 173 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京都市大学 情報工学部 情報科学科の特長

基礎理論、ソフト、ハード、メディア技術を学ぶ

情報処理の基礎理論を中心にコンピュータ技術を総合的に体得するのが、「情報科学科」だ。コンピュータの構成原理を理解して自らプログラミングを行い、応用システムを設計するための基本能力を育成。充実した実験と演習により、ハードウェア、ソフトウェア、メディア技術を体験的に学んでいくことができる。

最先端の情報技術を基礎から応用まで総合的に学修する

1・2年次は数学や自然科学、コンピュータの概論やプログラミング、論理回路を学び基本能力を養う。2年次以降には、「コンピュータシステム」、「計算機ソフトウェア」、「知識情報処理」、「画像工学」、「計算理論」、「自動制御」などの専門科目群で専門性を磨いていき、4年次は卒業研究に取り組む。

バーチャルリアリティ表現技術の応用で、社会での応用が無限に広がる

CG技術を応用してバーチャルリアリティの世界をつくり、様々なシミュレーションシステムを開発。人間の器官などをCG上で再現し、メスなどの器具に見立てたスティックを操作する「手術シミュレータ」を製作中だ。街並みを3D画像で再現し、画面を見ながら自転車をこぐと坂道で自転車も傾くなどのシステムの研究も進行中。

コンピュータ関連や情報サービス分野などで設計開発エンジニア、研究技術者、SEとして活躍

コンピュータ関連、情報通信関連、情報サービスをはじめ、一般企業、民間研究・教育機関・団体、官公庁・自治体など、様々な活躍の場が広がる。例えば、設計開発エンジニア、研究技術者、SE、ソフトウェアエンジニア、システムコンサルタント、ネットワークエンジニア、セールスエンジニアなどとして将来が期待できる。

学生の幅広い学びの要求に応えることができる施設・設備を用意

情報基盤センター、半導体特別研究室、機器分析室など、様々な施設・設備で学生の学びを支援。他にも、クラブハウス、ケア施設や学外研修所などの福利厚生施設、東京都市大学グラウンド、ナイター照明設備を備えたテニスコートなども用意している。

創造性豊かな技術者を育成

コンピュータと情報処理に関する基礎知識、およびユビキタスコンピューティングを実現する専門技術を習得し、IT社会を支えるシステム開発能力を備えた創造性豊かな技術者を育成。そのためコンピュータのハードウェア、情報数理、制御技術やメディア技術を学修。また、充実した実験と演習により実践力のある技術者を育てる。

東京都市大学 情報工学部 情報科学科の入試情報

東京都市大学 情報工学部 情報科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:キヤノン、日立システムズ、日立情報通信エンジニアリング、日本電気通信システム、日本電気、富士電機、伊藤忠テクノソリューションズ、オカムラ、日本アイ・ビー・エム、凸版印刷、富士ソフト、富士通ゼネラル、日本放送協会、東京電力ホールディングス、ソニー、日立製作所、富士通、パナソニック、東日本旅客鉄道、エヌ・ティ・ティ・データ

東京都市大学 情報工学部 情報科学科の問合せ先

東京都市大学 情報工学部 情報科学科お問い合わせはこちらへ

〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
入試センター TEL 03-5707-0104

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。