社会メディア学科

神奈川

情報メディアが抱える課題を調査分析し、解決策を発案・提言する能力を養成。

募集人数 90
初年度納入金 155 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科の特長

<コミュニティデザイン分野>新たなメディアやコミュニケーションの場をデザインできる人材に

“情報化” “コミュニティ”を社会や生活者の目で捉え、課題の発見や分析のみならず、問題解決を目指してメディアやシステムの試作・提案を行う「社会情報デザイン」を学ぶ。またポスターや広告、ゲーム、テレビ、ウェブなど身近な情報のデザインを調査し、新しいデザインを行うための情報表現に関する知識と技術を学ぶ。

<人間コミュニケーション分野>社会科学的な視点を持ち、コミュニケーション面から問題を解決

コミュニケーションの側面から社会問題の解決を目指し、現代の多様なコミュニケーションを社会科学的な視点で調査・分析。地域と企業、市民と専門家など様々な領域を仲介し、新たなコミュニケーションの方策を提案できる人材を目指す。多様なメディア・コミュニケーションについて学び、効果的な情報発信の方法を考える。

基本の力「論理的思考力+コミュニケーション力」を育てる

充実した学生/教員比率により丁寧できめ細かな指導を実現。アカデミックな思考とコミュニケーション能力を育成。教員間や学外の協働プロジェクトに横断的に参加して、創造的な学びに取り組む力を修得。社会の問題の発見や解決に取り組み、新たなメディアやシステムのデザイン、プロトタイプを通じ情報発信能力を修得する。

人間の活動に基づく情報デザインを研究

生産技術の視点からではなく、ユーザの視点に立って、情報をわかりやすく伝えたり、道具やシステムを使いやすくしたりするために、ジャンルにこだわらずに情報デザインに取り組んでいる。実際に、バス路線図、駐車場のサイン、ロボット、教材、情報機器のインタフェース、広場などのデザインを行っている。

サイバーキャンパスをフルに活用

横浜キャンパスのネットワークシステムは、各校舎間を1Gbpsの高速LANで接続。文部科学省が推奨するサイバーキャンパス整備事業の一環として、2003年から国内の他大学はもちろん中国・オーストラリア・ネパール等の海外の大学および研究機関と連携し、優れた教育コンテンツを世界中に発信している。

東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科の入試情報

東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:NSD、NECソリューションイノベータ、東急テクノシステム、伊藤園、富士通エフサス、協和エクシオ、イッツ・コミュニケーションズ、エヌ・ティ・ティ・データ・フロンティア、富士通、東日本旅客鉄道(JR東日本)、凸版印刷、日本通運、村田製作所、ミネベアミツミ、沖電気工業、TDK、ヤフー、DTS、青森テレビ、ニフティ

東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科の問合せ先

東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科お問い合わせはこちらへ

〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
入試センター TEL 03-5707-0104

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。