武蔵野美術大学

  • 763人が検討中

日本画学科

東京

伝統的な技法、美意識を学んだうえで、日本画を通して新たな絵画世界を拓いていける力を育てる。

募集人数 39
初年度納入金 187.44 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科の特長

《1年次》基礎技法を学び植物写生を行い、人体デッサンで素描力を強め、古典模写で線描を学ぶ

日本画の基礎を学びます。独自の素材や用具、基礎技法を知ることからはじめ、植物写生では、水干絵具、岩絵具の使用方法、墨などの素材や日本画の技法を習得します。水墨による古典技法、古典模写、絹本による制作など、対象をよく観察して把握しながら写生を通して作品を制作します。人体デッサンでは素描力を養います

《2年次》動物写生などを通じて忍耐強い観察力を培うとともに、日本の伝統技法などを学ぶ

絵画の発想や構成力、造形力などを学び、自身の絵画表現の基盤を築きます。動物制作では、鳥、獣、魚類などの素描を行い、生き物の形態や習性、特徴を捉えて制作します。人体デッサンでは造形としての表現力を体得し、特別講義では、金銀箔、砂子、切金などの伝統的な古典技法を実習します

《3年次》自身のテーマやイメージを探していき、各自の表現を展開する力を養う

各自がテーマやイメージを考えて新しい表現方法に挑戦し、創造する力と感性を蓄えます。担当教員は各学生の制作についてさまざまな視点から指導を行います。「身体性とドローイング」「写生旅行と風景制作」「絵画実習V、VI」「展覧会のための展示ゼミ」など、絵画表現の独自性を伸ばし制作と作品発表を積極的に学びます

《4年次》描くことへの問題意識を持ち、何をどう表現するかをよく考えて卒業制作にとりかかる

つねに描くことへの問題意識、自主性、主体性を持って独自の発想を重視しながら、卒業制作に取り組みます。制作のための取材、デッサン、エスキースを充分に行い、構想を練ることでより質の高い表現を目指します。卒業制作は4年間の成果を確認する重要な制作であると同時に、生涯の方向性を決定する起点となります

デザイン業界やメーカー各社、公共団体などへの就職後も、継続して作品制作を行う者が多い

独自に作家活動を続ける者、大学院進学や海外へ留学する者、就職する者と進路はさまざま。就職では、公・私立学校の教員や専門学校講師、美術館の学芸員、日本画の学習で培ったさまざまな経験から、広告業界や服飾業界、印刷会社、アニメーション会社、ゲーム会社、文具会社などへ就職し、デザイナーとなる卒業生も多い

〈一般方式〉〈センターA方式〉〈公募制推薦入学試験〉

〈一般方式〉:国語・外国語+専門試験。すべて大学独自の試験。〈センターA方式〉:センター試験指定科目+専門試験。センター試験指定科目は広く選択可能で、専門試験は〈一般方式〉と〈センターA方式〉共通で併願しやすくなっています。そのほか、面接等を通じて、受験生の特性を重視する公募制推薦入試を実施します

武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東京アート、クレアール、日本テレビアート、コナミホールディングス、クリープ、教員

武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科の問合せ先

武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科お問い合わせはこちらへ

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
TEL042-342-6995 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。