政治学科

東京・神奈川

問題の発見力、討論力、解決提案力を、専門的に実践的に学ぶ

募集人数 155
初年度納入金 127.97 万円(2020年4月入学者)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

明治学院大学 法学部 政治学科の特長

社会が抱えるさまざまな問題を分析し、発見力・討論力・解決提案力を養成

人間が集まると社会になり、国家が集まると国際社会ができあがります。政治は、その社会に発生する問題を解決するために、社会のメンバーが共同で意思決定を行い、その結果を実行していくプロセスです。社会が抱える多くの問題を明らかにし、よりよい社会のあり方を構想し、実現するための実践的能力を育てます。

就職・進路を見据えた3分野の科目を配置

政治現象を各方面から体系的に捉えるための多彩な科目を提供。1年次に基礎科目を履修した上で、公共政策や地方政治などがテーマの「ガヴァナンス」、国際関係・外交史などがテーマの「国際政治」、計量政治分析・マスコミ研究などがテーマの「メディア・ポリティクス」の3分野を発展的かつ系統的に学び、実践力を養います。

1年次から基礎ゼミをスタート。少人数ゼミで主体的に学ぶ力を身につける

基礎ゼミは1年次から開始し、少人数・討論型の教育を実施。また、2年次生が新入生のために企画・運営するフレッシャーズ・キャンプではゼミ対抗の学生討論会や有名政治家の講演会を開催し、学びに対する高い自主性を養成します。3年次からは演習・卒業論文で専門的研究を行います。

選挙の現場や新聞社へ。1年をかけて調査・研究する徹底したフィールドワーク

自身の興味あるテーマで国会議員事務所や行政の場、新聞社などへ取材を申し込み、フィールドワークを行い、1万字以上におよぶ研究報告書を書き上げます。これまで選挙の現場で就業体験を行う「かながわ選挙カレッジ」への参加や民主党議員へのインタビューを実施してきました。また、インターンシップも単位化しています。

政治学科の伝統~政治講演会を学生自身の手で~

政治学科では、毎年秋に日本のキーマンとなる大物政治家の講演会を開催しています。学科の伝統として、政治家の選出、交渉、運営までを3年次生が担当。
ここにも政治学科の学生の高い自主性が表れています。

明治学院大学 法学部 政治学科の入試情報

明治学院大学 法学部 政治学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、日本生命保険、第一生命保険、損害保険ジャパン日本興亜、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、日本郵便、ソフトバンク、エイチ・アイ・エス、キユーピー、麒麟麦酒、サッポロビール、ヤクルト本社、三井ホーム、リクルート・ホールディングス、全国生活協同組合連合会、法務省、財務省、文部科学省、総務省、厚生労働省、農林水産省、防衛省、神奈川県庁

明治学院大学 法学部 政治学科の問合せ先

明治学院大学 法学部 政治学科お問い合わせはこちらへ

〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
入学インフォメーション TEL03-5421-5151

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。