グローバル法学科

東京・神奈川

法的解決能力・コミュニケーション能力・異文化理解力を併せ持ち、日本の国際化を「法」からサポートする人材を育成

募集人数 65
初年度納入金 151.34 万円(2020年4月入学者)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

明治学院大学 法学部 グローバル法学科の特長

異なる文化を持つ人々の問題を、「法」という客観的なルールに基づいて解決できる人材に

ビジネスのグローバル化に伴い、文化や言語を共有しない外国人との交渉の機会や紛争のリスクも増大しています。グローバル法学科では「法的な解決能力」「実践的なコミュニケーション能力」「柔軟な異文化理解力」の3つの力の修得を柱とし、法的知識と問題解決能力に加え、英語力と異文化理解力を併せ持つ人材を育みます。

全員が英語圏に半年間留学。世界で実践的に英語・法律・文化を学ぶ

留学を必修とした英語教育が特徴の本学科。2年次秋学期に、全員が英語圏の協定校に留学します。安心して留学に臨むため、入学直後から準備講座を開講。留学先では現地の法律を英語で学び、人々と触れ合う中で異文化を体験し、グローバルな視野を持った法的な解決能力、コミュニケーション能力、異文化理解力を養います。

グローバル時代に必要な法的解決能力を修得

1年次から法的知識の基礎を固めるとともに、少人数・個人指導でプレゼンテーションやディベートを行い、アカデミック・リテラシーを育成。「Introduction to Japanese Law」では日本法を英語で学習。法学基礎、国際法、国際関係法、国際政治経済など幅広い学びから「グローバル時代に必要な法的解決能力」を身につけます。

1年次から少人数双方向で密度のある学び

学生65名に対し、教員10名。国際法、国際人権法、比較環境法、EU 法、国際私法、国際ビジネス法、比較法思想、比較文化、国際政治、比較行政学を専門とする教員が、学生と密接に関わり個別に指導できる授業を展開。基礎をしっかり固めた上で、興味ある分野を深く追究する学びが可能です。

国内外で活躍するビジネスパーソンや公務員、国際機関、エアラインなど幅広い業種で活躍

海外勤務のある企業や外資系企業、国家・地方公務員、国際機関の職員、国際NGOスタッフのほか、海外の方々と触れ合う機会の多い航空業界や国際的なトピックを扱うマスメディア、国際的な問題を扱う弁護士・司法書士・行政書士、民間会社の法務部門など、法的知識と語学力を活かし、幅広い業界・職種での活躍が目指せます。

長い歴史と信頼により就職に強い法学部を実現。学生一人ひとりのキャリアを手厚くサポート

法学部の卒業生は民間企業、公務員・NPO・政界、法曹などのさまざまな分野で活躍しています。進路については、「法学部生のキャリアデザイン講座」や「海外インターンシップ」などキャリアについて考察・実践する科目や、「公務員セミナー」など多くの機会を提供し、学生一人ひとりを手厚くサポートしています。

明治学院大学 法学部 グローバル法学科の入試情報

明治学院大学 法学部 グローバル法学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、日本生命保険、第一生命保険、損害保険ジャパン日本興亜、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、日本郵便、ソフトバンク、エイチ・アイ・エス、キユーピー、麒麟麦酒、サッポロビール、ヤクルト本社、三井ホーム、リクルート・ホールディングス、全国生活協同組合連合会、法務省、財務省、文部科学省、総務省、厚生労働省、農林水産省、防衛省、神奈川県庁

明治学院大学 法学部 グローバル法学科の問合せ先

明治学院大学 法学部 グローバル法学科お問い合わせはこちらへ

〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
入学インフォメーション TEL03-5421-5151

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。