京都産業大学

  • 1,780人が検討中

経済学部

京都

国際舞台にも通用する、各界で活躍できる経済人に


学科・コース名 募集人数
経済学科 625

京都産業大学 経済学部の特長

学ぶ内容

「現代経済コース」少子高齢化や社会保障、地球温暖化といった現代社会が抱える問題を、経済学の視点から考えていきます。
「ビジネス経済コース」経済環境の変化が産業構造に与える影響を企業や金融などの視点で分析し、日本経済の未来を考えていきます。
「地域経済コース」都市部への人口集中が進む今、地域経済ではどのような問題・課題があり、それらを解決するにはどのようなアプローチがあるのかを分析します。
「グローバル経済コース」国際取引に関する問題をグローバルな視点から分析。その経済メカニズムを明らかにしながら、国家間の経済利害、歴史についても学修します。

基礎導入教育

1年次の必修科目「経済学入門I」では、経済学のベースとなるミクロ経済学・マクロ経済学を学修。あわせて、「入門セミナー」「データ処理セミナー」といった少人数クラスにより、コミュニケーション能力や情報処理能力を養い、1年次に学んだ基礎を2年次以降から本格化する専門教育の学修につなげます。また、経済学だけでなく、経済史、経営、法律などの関連分野も幅広く学修。こうした導入教育の充実が、専門分野へのスムーズな移行をサポートしています。

ゼミ

【地方自治体の財政問題についての研究】 学生各自が、ゆかりのある自治体を対象に人口構造の変化や産業、財政状況などを調べて発表。それらを基に地方自治体の財政問題や地域活性化策などの課題を研究論文にまとめ、他大学も参加する研究交流会で発表します。

経済学部の特色

経済学とは、お金の流れやヒト・モノの動きを中心に、私たちが暮らす社会の仕組みを根本からとらえる学問。大きく多様な観点から物事を見るのが特徴で、複雑な要因が絡み合う少子高齢化や格差社会といった深刻な課題も、経済学の視点なくして考えることはできません。「現代経済」「ビジネス経済」「地域経済」「グローバル経済」の4つのコースを設置し、理論・歴史・数量的な分析手法を用いて、現代社会における様々な問題について考えていきます。さらに、社会のグローバル化に対応する「上級英語プログラム」、これからの人生設計を考える「ワーク・ライフ・バランス講座プログラム」や、活躍する経済人の思考を学ぶ「経済人特別講義」など、経済学を軸としたプログラムを通して“プラスアルファ”の能力を伸ばし、あらゆる業界で活躍できる人材育成を目指します。

京都産業大学 経済学部の入試情報

京都産業大学 経済学部の問合せ先

京都産業大学 経済学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒603-8555 京都府京都市北区上賀茂本山
075-705-1437 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。